2016年05月20日

●「なぜカダフィー政権は崩壊したか」(EJ第4280号)

 引き続きカダフィー大佐が殺害された理由を追及します。カダ
フィー大佐がやろうとした3つのことを再現します。
─────────────────────────────
  1.アフリカのための通信衛星の実現を提案したこと
  2.アフリカに3つの銀行を創設させようとしたこと
  3.アフリカ経済共同体構想を推進しようとしたこと ←
─────────────────────────────
 「3」について考えます。
 カダフィー大佐の構想の「2」である3つの銀行が本当に設立
されれば、アフリカがアメリカ合衆国のようにひとつにまとまる
アフリカ経済共同体として機能する──カダフィー大佐はこう考
えたのです。実にスケールの大きい政治家の構想といえます。
 しかし、カダフィー大佐の外部からのイメージとは大きく異な
ります。何しろカダフィー大佐といえば、その容貌のせいもあり
ますが、残虐非道の独裁者で、「砂漠の暴れん坊」のイメージそ
のものだったからです。
 欧米諸国は徹底的にアフリカで植民地政策を実施して、アフリ
カから多くの富を収奪したのです。それも金やダイヤモンドやレ
アメタルといった地下資源だけでなく、奴隷という形で数百万人
もの人間を収奪したのです。
 カダフィー大佐は、そういう欧米諸国に対して、アフリカを一
体化させることによってアフリカの富を守ろうとしたのです。そ
れが3つの構想です。欧米諸国としては、このようなことをする
カダフィー大佐を許せるはずがなく、何らかの手段でこれを排除
しようとします。欧米にとって望ましいアフリカ像は、依然とし
て18世紀以前の「暗黒大陸」としてのアフリカなのです。
 欧米諸国の寡頭勢力のアフリカに対する基本政策としては、既
に述べたように、アフリカ諸国を分断して、それぞれの国同士に
いさかいを起こすネタ与えていがみ合わせ、場合によってはそれ
ぞれの国に武器を供与してクーデターを起こさせ、邪魔者は抹殺
するというやり方です。
 こうしたカダフィー大佐の真実を伝えるサイトは、いくつかあ
りますが、実名でそれをきちんと伝えているサイトはほとんどあ
りません。唯一それに該当するのがレルネット主幹の三宅善信氏
のサイトです。EJのここまでのカダフィー大佐の記述でも、こ
のサイトを参考にさせていただいています。三宅善信氏は、カダ
フィー政権の崩壊について次のように述べています。
─────────────────────────────
 約半年間の“内戦”を経て、42年間続いたカダフィ政権が崩
壊した。日本のマスコミをはじめ世間ではこれをリビアの西隣の
チュニジアでほうはいとして湧き起こった「ジャスミン革命」が
ベン=アリー政権の崩壊からわずか10日後にはリビアの東隣エ
ジプトにも波及し、31年間続いたムバラク政権もわずか2週間
で崩壊するに及んで、1989年11月の「ベルリンの壁崩壊」
からわずか1ヶ月間に、盤石を誇っていたかに見えた東欧の社会
主義諸国家の共産党政権がドミノ倒し的に崩壊したことを想起し
「砂漠の狂犬」「アラブの暴れん坊」と恐れられたカダフィ大佐
によって40年以上も長期間にわたって独裁体制が敷かれていた
リビアにも自然に波及したものとされているが、これはとんでも
ない間違いである。          http://bit.ly/1R2pNOU
─────────────────────────────
 三宅善信氏のいうように、カダフィー政権は、2010年から
2012年にかけてアラブ世界において発生した、前例にない大
規模反政府デモを主とした騒乱──いわゆる「アラブの春」の一
環である反政府デモで崩壊したのではないのです。
 それでは、どのように崩壊したのでしょうか。その事実を正し
く把握するため、ウィキペディアの記述を参照します。
─────────────────────────────
 2011年リビア内戦は、リビアにおいて2011年に起こっ
た政治社会的要求を掲げた大規模な反政府デモを発端とする武装
闘争である。アラブ圏においては、「2月17日革命」と呼ばれ
る。2月15日に開始され、同年8月に首都トリポリが北大西洋
条約機構軍の支援を受けた反体制派のリビア国民評議会の攻勢に
よって陥落し、40年以上政権の座にあったムアンマル・アル=
カダフィ大佐が率いる大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒ
リーヤ国は事実上崩壊した。その後もカダフィ大佐は抗戦を続け
たが、10月20日に最後の拠点スルトで身柄を拘束され、その
際に受けた攻撃でカダフィ大佐は死亡した。10月23日に国民
評議会によりリビア全土の解放が唱えられ内戦終結が宣言された
が、その後、親カダフィ勢力・イスラム国の台頭を招き内戦は現
在まで継続している。          ──ウィキペディア
                   http://bit.ly/1W2n3pz
─────────────────────────────
 上記の記述において注目すべきは「北大西洋条約機構軍の支援
を受けた反体制派のリビア国民評議会の攻勢」という部分です。
つまり、NATO軍がリビアを空爆しているという事実です。な
ぜ、NATO軍が出撃したのでしょうか。
 まず、2011年2月17日にカダフィーの退陣を要求するデ
モが起きています。このデモは2月20日には首都トリポリに拡
大し、放送局や公的機関事務所が襲撃・占拠されたのです。これ
に対し、軍はデモ参加者に無差別攻撃を開始し、多数の犠牲者が
出たという“報道”が行われたのです。
 これを受けて国連安保理は「民間人に対する暴力」としリビア
に対し経済制裁と強い非難決議を採択しています。この非難決議
によってNATO軍が出撃したのです。しかし、リビアにおける
騒乱は外部勢力による騒乱である疑いが濃いのです。それを必ず
しも事実とはいえない過大な報道によって安保理は非難決議を出
しています。欧米諸国はこれを利用して何が何でもリビアを潰し
てやるという強い意思が働いています。NATO軍は6月から出
撃したのです。     ──[現代は陰謀論の時代/093]

≪画像および関連情報≫
 ●見え透いた米仏のリビア政権転覆策動/渋谷一三氏
  ───────────────────────────
  『アラブ世界が揺れ動いている。チュニジアに続きエジプト
  で政権が崩壊し、バーレーン、リビア、イラン、スーダンな
  どに波及している。チュニジアは「民主化」という概念で捉
  えることができたが、エジプトではすでに米国のご都合が見
  え透いている。内政干渉もいいところだ。イスラエルをアラ
  ブ世界への楔兼橋頭堡として確保し続けるため、反米政権が
  成立する前にムバラク政権を見限った方がよいとの判断が働
  いた。もう、民主化闘争の勝利などとは呼べない情況がうま
  れている。3例目となるともっと純粋ではない。カダフィが
  外国勢力の手先に負けないと言うのがあながち間違いでもな
  い情況がある。内戦と言おうが、デモ隊に銃を向けたことは
  正当化されないし、放火煽動分子がいるのも確かだが、カダ
  フィが革命家ならば、逮捕しこそすれ、銃殺することはない
  だろう。それが政権を担った同志の離反を招いているのだろ
  う。歴史的な動きが表面に出てきていることは確かだが、そ
  の分析をするには、あまりに情報が偏っている上に情報量自
  体が少ないので次号以降に分析を回させていただきたい』。
   2月号でこのように書いた。東日本大震災により、より情
  報が入りにくくなったが、米仏による「多国籍軍」の空爆が
  何よりも雄弁にリビアにおける階級関係を物語った。「反政
  府軍」は『同志の反乱』ではなかった。もはや革命家とは呼
  べなくなったカダフィと同じ政府にいてもカダフィが革命家
  でない以上、同志と呼べる存在はありえない。
                   http://bit.ly/23RObKv
  ───────────────────────────

リビア内戦でのカダフィー大佐.jpg
リビア内戦でのカダフィー大佐
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする