2016年04月01日

●「日本の重要工事を握るベクテル社」(EJ第4249号)

 仮定の話ですが、東日本大震災は、米国のHAARPと日本の
地球深部探査船「ちきゅう」が協力すれば、人工地震として起こ
すことは十分可能です。しかし、日本の探査船が国にとってマイ
ナスなことをするはずがないと誰でも考えます。
 ところが、地球探査プロジェクトは日米共同運営で行われ、米
国の技術に依存する部分も大きく、米国の意向にも左右される面
が多いのです。それに日本は米国に甘いところがあり、知らない
うちに協力させられてしまうことも十分考えられます。
 実際に日本は、安全保障の面で非常にリスクのある工事を米国
の特定業者に請け負わせているのです。その特定業者とは、米国
カルフォルニア州サンフランシスコに本拠を置く総合建築業を営
む多国籍企業です。
 ベクテル社については、1月26日のEJ第4203号でも取
り上げていますが、明石海峡大橋下の海底のボーリング調査に参
加しているのです。ここは、1995年の阪神淡路大震災の震源
地なのです。とても偶然とは思えないのです。
 そのことをほとんどの国民は知りません。なぜなら、メディア
ではそのことを一切報道しないからです。ウィキペディアの「ベ
クテル」によると、ベクテル社は、青森県の日本原燃六ヶ所再処
理工場の工場設備建設に技術参加しています。
 なお、ベクテル社の日本法人は、オーバーシーズ・ベクテル・
インコーポレーテッド株式会社として、東京都千代田区丸の内に
本社が置かれています。ちなみに内閣府の1989年と1991
年の資料だけでも、ベクテル社は次の5件の工事を受注している
のです。
─────────────────────────────
 ●1989年
  ・羽田西側旅客ターミナルビル建設工事
   ──日本空港ビルディング(株)
  ・東京湾横断道路川崎人工島緩衝工事設計
   ──日本空港ビルディング(株)
 ●1991年
  ・関西国際空港旅客ターミナルビル(南工区)新築工事
   ──関西国際空港(株)
  ・東京湾横断道路川崎川崎人工島工事
   ──東京湾岸道路(株)
  ・アジア太平洋トレードセンター建設工事(その1)
    ──ウィキペディア「ベクテル」http://bit.ly/1SlW5pd
             ──内閣府 http://bit.ly/1SlVXpG
─────────────────────────────
 上記の「東京湾横断道路川崎川崎人工島工事」というのは、い
わゆる「アクアライン(海ホテルPA)」の工事のことです。い
うまでもなく、ここは東京湾のなかです。日本は、内閣府がから
んでいながら、どうしてこんな大事な場所を外国の建築事業会社
に工事を委託するのでしょうか。
 これに関して「天下泰平」というサイトでは、次のように述べ
ています。
─────────────────────────────
 首都圏は、基本的に「東京湾の外」である東北地方から千葉沖
で巨大地震が発生する限りは、房総半島が防波堤の役割を果たし
直接東京湾内に大津波が襲って来る可能性は低いようですが、こ
ういった「東京湾の中」で大地震が発生した場合などは、大津波
が首都圏に壊滅的な被害をもたらす場合があります。
          ──「天下泰平」 http://bit.ly/1Ry132x
─────────────────────────────
 このほかにも、内閣府は、羽田国際空港や関西国際空港などの
工事もベクテル社に発注していますが、これは日本の安全保障に
とってきわめてリスクの高いことをやっているといえます。日本
政府(自民党)はどうしてこのような危険なことをするのでしょ
うか。しかも、このことは国民に知らされていないのです。
 「天下泰平」のサイトには、ベクテル社のロゴについて興味深
い話題を提供しているす。
─────────────────────────────
 今回話題に出てきたベクテル社の「ロゴ」は、地球の世界地図
に社名が入ったものですが、この地図はなぜか“太平洋”が中心
となっています。
 これは、日本の旧五千円札に描かれた地球と同じデザインであ
り、この五千円札の地球は、新渡戸稲造が「願わくば我、太平洋
の橋とならん」の意気込みで、第2次世界大戦前の悪化した日米
関係の改善のために努力したことを象徴してデザインされたもの
と言われています。
 ベクテル社も“メーソン企業”であり、新渡戸稲造もまた“メ
ーソンメンバー”であったと言われていますが、一部では太平洋
の裏に彼らの象徴でもある「ピラミッド」があるから、この世界
地図を使っているとも噂されています。個人的には、この太平洋
は、かつての大帝国「ムー」があった場所であり、ベクテル社は
それを自らの社名で覆って封印(?)しているかのようにも見え
ますが、ムー大陸の一部だった日本、ムーの末裔である日本人を
彼らが狙っているのも、そんなところにも理由があるのかもしれ
ません。      ──「天下太平」 http://bit.ly/1Ry132x
                     添付ファイル参照
─────────────────────────────
 ベクテル社は超大企業でありながら、非上場の同族会社であり
その実体は知られていません。現在は、創業者の曾孫ライリー・
ベクテルが現在の最高経営責任者を務めています。会社の所有と
経営はベクテル一族に担われており、ライリー氏は総資産30億
ドル(2009年)を有する米国を代表する富豪の一人になって
います。米政府にも強い影響力を持っており、米政府から圧力を
受けると日本政府は断ることは事実上できないと考えられます。
          ────[現代は陰謀論の時代/062]

≪画像および関連情報≫
 ●日本人は知ってはいけない/モンサントとベクテル社
  ───────────────────────────
   ここに、モンサント社とならぶ、もう一つの悪魔、ベクテ
  ル社が登場する。第二次大戦前後のベクテル社とモンサント
  社の幹部には、核物理学者ローレンスなど共通メンバーが多
  い。いずれもロックフェラーの兄弟会社と断言してもよい。
  「ベクテル社」は年間売上4兆円を超す世界最大の企業であ
  りながら、株式非公開の個人企業であるため、日本での知名
  度は高くない。
   主に初期の核開発にモンサントと共に携わり、ベトナム戦
  争後はサウジアラビアやイランなど中東オイルマネーの利権
  と結びつき巨利を得てきた会社である。主力はエネルギー利
  権で、わけても原発建設が大きい。
   CIAと完全に結びつき、アメリカの闇権力と指摘されて
  いて、ケネディ暗殺やベトナム侵攻などの背後にベクテルの
  姿がかいま見えている。まさにロックフェラーの本質を体現
  した中核会社なのである。
   モンサントはベクテルと協調して、世界の水利権を手中に
  収め続けてきた。それが、どのような姿勢だったのか、ここ
  に端的な例を紹介する。1999年、ベクテル社と、ボリビ
  アのコチャバンバ市民との間で紛争が起こった。元々ロック
  フェラーから幹部を送り込まれている世銀やIMFは、破綻
  管理国家のインフラを民営化することを要求してきた。
                   http://bit.ly/1kv4ndz
  ───────────────────────────

ベクテル社のマークと旧五千円札.jpg
ベクテル社のマークと旧五千円札
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

●「日本の原発情報は世界にダダ漏れ」(EJ第4250号)

 日本は、安全保障の面で日本の心臓部ともいえる羽田や関西な
どの国際空港、大型橋梁、人工島、原発施設などの工事に外国の
業者、それもいわく付きの業者に委託している──このことをほ
とんどの国民は知らないでいます。
 問題はそれだけではないのです。東京電力は福島第一原発にイ
スラエルの警備管理システムを導入していたのです。これは、1
月27日付のEJ第4204号で既に指摘していますが、ここで
も日本の心臓部といえるところに外国企業を受け入れているので
す。一体どうなっているのでしょうか。
 このことを報道したメディアとしては、唯一『週刊現代「経済
の死角」』があります。1月27日の時点では『週刊現代』の記
事は入手できていなかったのですが、ネット上で発見したので、
以下に引用しご紹介します。
─────────────────────────────
 4月下旬、福島第一原発1号機原子炉建屋の立面図がネット上
に流出し、世界中に晒された。安全管理の脆弱さは津波対策だけ
に止まらないようだ。そしていま、またも、気になる話が持ち上
がっている。イスラエルの主要紙2紙が次のように報じたのだ。
・防衛会社マグナBSPが福島第一原発内に設置した監視カメラ
 は、問題が起きている炉心を内部当局者の視点で撮影し続けて
 いる。/エルサレム・ポスト紙
・約1年前に導入されたマグナ社の警備システムは、(中略)放
 射性物質を入手しテロに利用しようとする敵対分子から発電所
 を守るため設計された。/ハアレツ紙
 記事によれば、福島第一原発の警備システムの一部を日本の企
業ではなく、イスラエルの会社が請け負っているという。マグナ
社は10年ほど前に設立された社員十数名の会社で、昨年から東
京電力と技術導入のため協議していたとのこと。同社トップのハ
イム・シボーニ氏は、エルサレム・ポスト紙の取材に「このカメ
ラは放射性物質を感知することができる」と話している。
 ではなぜ機密性の高い原発の警備システムの一部を外国の企業
が請け負っているのか。原子力安全・保安院は、「福島第一に限
らず、どんな機器を採用しているかは保安院に報告の義務はない
ため把握していない」とする。東電は「セキュリティに関しては一
切お答えできません」とノーコメント。
 たしかに外国製機器を採用してはいけない、といった規定はな
い。ただ、シボーニ氏は、「カメラの映像を受信するシステムに
遠隔アクセスの設定もできるが、その許可は下りていない」と明
かしている。
 安全保障・危機管理専門家の古川勝久氏はこう話す。「これが
事実であるなら、原子炉建屋内の重要な装置や機器の場所に関す
る情報等、核物質防護関連の機密情報が外部に漏洩するリスクが
考えられる。外国企業とシステム運用ルールをしっかり決めて、
契約履行の着実な管理が必須です」。原発に対する不安は消える
どころか、増える一方だ。       ──「現代ビジネス」
                   http://bit.ly/1ckFMnv
─────────────────────────────
 なぜ、東京電力は、イスラエルの企業であるマグナBSP社に
警備を依頼したのかについては、既に述べているように米国から
の強い要請があったからです。2007年2月26日付の在日米
大使館公電で、米国は各地の原発に武装警備員を配置することを
要請してきています。
 当初日本政府は拒否したようですが、米国側は繰り返し強く要
請してきたのです。こうなると日本政府は拒否できず、結局受け
入れることになったのです。なお、確認は取れていませんが、マ
グナBSP社は福島原発だけではなく、他の原発でも一手に業務
を引き受けるようになっているはずです。その結果、福島原発に
は、マグナBSP社の特殊な監視カメラが、警備システムの一環
として導入されています。
 もちろんこのことは厳重に伏せられており、誰も知ることはな
かったのですが、「ウィキリークス」の情報で明らかになったの
です。米国とイスラエルは一心同体であり、日本の原発の情報は
米国に筒抜けになっているということになります。
 しかし、気になることがたくさんあります。一つは、311ま
では、福島原発では、マグナBSP社の従業員は12人が業務を
担当していたのですが、事故の起きる直前に12人全員がイスラ
エルに帰国していることです。普段は交代で約半数が帰国してい
るのですが、全員が帰国したのははじめてです。偶然とは思われ
ず、事故が起きることを知っていたようです。311のことはい
ろいろなかたちで事前に予告されているのです。
 そのひとつがここにあります。これは「ヤフー知恵袋」に載っ
ていた記事です。
─────────────────────────────
 ユダヤ人と一緒に仕事をしている者です。地震の前の日にスカ
 イプメッセンジャーでイスラエルから日本の地震は大丈夫?っ
 てメッセージが送られてきました。
 そのとき自分は、は?
 日本で地震があったの?
 何いってんだ?こいつとおもいながら、japan is ok と答えま
 した。
 そしたら次の日に地震がありました。
 おどろきもんです。
 他にも地震の数日前に、「仙台に住んでいる友達をイスラエル
 に帰してやりたいから周辺の地図を送ってくれとイスラエルか
 らメッセージがありました」。おどろいたことに私が「それは
 人工地震か?」と聞いたら、さっき「イエス」とはっきり返事
 がありました。      ──泉パウロ著/ヒカルランド刊
       『本当かデマか「人工地震説の根拠」衝撃検証』
─────────────────────────────
          ────[現代は陰謀論の時代/063]

≪画像および関連情報≫
 ●まさかマグナBSPを知らないとは/内海聡氏
  ───────────────────────────
   まさかマグナBSP社を知らない情弱がニホンにいるとは
  思えませんが、それでも少しだけいそうなのでシェア用にご
  紹介しときます♪。
   マグナBSP社はモサド関係の企業であり、原発全ての保
  守管理を担っているイスラエルの一企業です♪。日本が核武
  装していることにも関係しているとされますが、政治に疎い
  ワタクシは裏の裏はよくわかりません♪。福島原発の時には
  このマグナBSP社との絡みで、水素爆発ではないというこ
  とが話題になりましたが、確かに単純に考えても水素爆発は
  あんな爆発の仕方はしませんね♪。
   東電は管理会社の事はいつも伏せてばかりですが、それ自
  体が怪しさの象徴であり、原発や放射能問題を取り上げる人
  が多いのに、この会社やモサドやそれを操る一族の名前が出
  てこないのは、何も知らないのと同じかもしれません♪。こ
  の会社は約10年前にシボーニによって作られたといわれて
  います。だから東電だけ叩いていてもしょうがないんですよ
  ね♪。陰謀論でも何でもなく保守管理を担っている会社なん
  ですから♪。ちなみにマグナ通信工業株式会社というのもあ
  るそうで、以下はそのサイトですが、電力会社、原発メーカ
  ー、空港、警備会社など多岐にわたっているそうです♪。そ
  ういえば911同時多発テロの時も、あのビルはイスラエル
  の会社が安全管理をやってましたよね♪。
                   http://bit.ly/1qVy4KP
  ───────────────────────────

マグナBSP社.jpg
マグナBSP社 
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

●「原発1号機と3号機の爆発の違い」(EJ第4251号)

 311のことを調べていくと、いくつも恐ろしい事実が浮かび
上がってきます。東日本大震災には、何かとてつもない恐ろしい
ことが隠されていると思います。
 イスラエルのマグナBSP社が福島原発に警備システムの担当
として入り込んだことは確かです。もちろん米国の要請によるも
のですが、この場合の主役はイスラエルであると思われます。つ
まり、ある事情により、イスラエルが強引に米国に要請して実現
したものです。正確な情報はありませんが、マグナBSP社は、
福島を含めて少なくとも6ヶ所の日本の原発に現在も入り込んで
いるはずです。
 ジム・ストーンという人がいます。元米国家安全保障局(NA
SA)のエンジニアでしたが、あることから東日本大震災(彼は
「フクシマ」といっています)のことを調べはじめ、そこにある
大きな力が働いていることを突き止め、ネットで次のような衝撃
的な告発をしたのです。
─────────────────────────────
 311大震災はイスラエルとアメリカによる偽旗テロである
─────────────────────────────
 このジム・ストーン氏について、あるフェイスブックユーザー
は「真実の共有」というタイトルで、次のように書いています。
─────────────────────────────
 元NSA技術者であったジムストーンさんからです。福島原発
爆発事故直前直後に何があったか詳しくわかる記述です。
 要するに・・・地震と津波と原発事故を起こしたのはイスラエ
ルであり、シオニストのネタニアフ政権です。もちろんアメリカ
も協力したのは確かでしょう。悪いことに、当時、無能で反日左
翼の民主党政権が日本の政治を任せられていたため、イスラエル
も日本攻撃がやりやすかったのではないでしょうか。(中略)
 欧米のオルターナティブメディアでも左翼(たぶんユダヤ人)
のガンダーセンや偽専門家(シオニストの工作員)による福島の
放射能に関する恐怖の情報を拡散し、風評被害により日本に大き
なダメージを与えています。このように福島原発は、アメリカの
協力を得たイスラエルが行ったテロ攻撃だったのです。
 日本にとって最も迷惑な国・・・中国、韓国、イスラエル、ア
メリカ・・・この4国は悪の枢軸。   http://bit.ly/1UXrTa7
─────────────────────────────
 「福島原発3号機は核兵器によって爆破されている」──これ
もジム・ストーン氏の発言ですが、信じられますか。とても信じ
られないと思います。
 ここで既成概念を修正する必要があります。われわれは「核兵
器」というと広島と長崎を連想します。そして、核兵器はかなり
大きなものというイメージがあると思います。
 しかし、核兵器はとっくの昔に小型化され、持ち運ぶことさえ
可能になっています。こういう核兵器を「戦術核兵器」というの
ですが、その定義は次のようになっています。
─────────────────────────────
 戦術核兵器とは戦場単位で通常兵器の延長線上での使用を想定
した核兵器である。戦略核兵器や、戦域核兵器(中距離核兵器)
に対して射程距離が短い。米ソ間の核軍縮協定などでは射程距離
500キロメートル以下のものが戦術核兵器であると定義されて
いる。      ──ウィキペディア http://bit.ly/1Y2TTXQ
─────────────────────────────
 ジム・ストーン氏は、マグナBSP社がセキュリティのために
福島原発に設置している搭型の監視カメラのなかに小型核爆弾が
仕掛けられていたのではないかというのです。
 福島原発の1号機と3号機は水素爆発を起こしています。しか
し、ジム・ストーン氏は1号機の水素爆発は間違いないが、3号
機は小型核兵器による爆発であるといっています。
 ここに福島原発1号機と3号機の爆発の動画があります。実際
にご自身の目で確かめていただきたいのです。1号機と3号機の
爆発は明らかに違います。3号機は核特有のきのこ状の雲が出て
いるの確認できると思います。
─────────────────────────────
        ◎福島原発1号機水素爆発
         3月12日午後03時36分
        ◎福島原発3号機水素爆発
         3月14日午前11時01分
   動画/1分36秒 http://bit.ly/1SqkBWk
─────────────────────────────
 動画を見れば明らかに1号機と3号機では爆発の様子が異なる
ことは確認していただいたと思います。ジム・ストーン氏は、爆
発後の3号機の空撮写真をサイトに掲載し、NHKに対し、次の
ように訴えています。
─────────────────────────────
  DEAR NHK NEWS IN SENDAI JAPAN:
  If you really cared about the Japanese people, you
  would show them THIS picture of reactor 3!
  日本の仙台にあるNHKニュースへ:
  もしあなた方が本当に日本の人々のことを思うなら、ここ
  にある3号機の写真を見せるだろうに!
                  http://bit.ly/1PILdjo
─────────────────────────────
 添付ファイルをご覧ください。福島第3原発の爆発後の写真で
すが、メディアはこの写真を公開していないのです。鉄筋があめ
細工のように溶け落ちており、建屋全体がメチャクチャになって
います。水素爆発ではこのようにはならないのです。1号機の爆
発後の映像は動画の最後に少し出てきますが、1号機の場合は部
分的に壊れているだけです。2つの爆発が性質の異なる爆発であ
ることは疑いはないと思います。メディアはなぜ黙っているので
しょうか。     ────[現代は陰謀論の時代/064]

≪画像および関連情報≫
 ●ジム・ストーン氏から東電清水社長(当時)への公開書簡
  ───────────────────────────
   あなたの言語を話せなくて申し訳ありません。おそらくあ
  なたは私の言語を話すことができるでしょう。幻想は私たち
  を支配し、真実は私たちを自由にします。あなたは、真実を
  語っているとご自身で確信していたと私は最初からと思って
  いました。なぜなら、あなたは技術的に可能な範囲内で話し
  ていたからです。確かに原発技術者たちは福島第一で技術的
  に起こり得る可能性についてのアドバイスしていたのでしょ
  う。彼らは正しかったのです。こんな事態は起こるはずはな
  かったのです。
   あなたの謝罪の仕方を聞いたときに心を打たれ、それが真
  実への調査へと私を急がせました。現在、私はあなたのこと
  を福島第一原発で何が起こったかについての偽情報による犠
  牲者であると思っています。事態に対するあなたの責任に関
  する限り、企業内の顧問たちはおそらく正しいでしょう。こ
  んな事は起こるはずがなかったのです。災害はあなたが理解
  しうる何よりも飛躍的に悪くなります。
   あなたは「技術上の可能性」と言う思考の中に閉じ込めら
  れてしまっているからです。そこで、技術的な点を超えた新
  たな視点を私に紹介させてください。
                   http://bit.ly/1ZPcJ6l
  ───────────────────────────

福島第3原発爆発後の状況.jpg
福島第3原発爆発後の状況
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

●「首相官邸を占拠した米国人は誰か」(EJ第4252号)

 あくまで仮定の話ですが、ある仮説の視点に立って物事を考え
てみると、今まで見えてこなかったものがよく見えてくるように
なるものです。この世の中には今まで自然災害であると思われて
いたものが、実はある寡頭勢力による意図的な仕掛けによるもの
であったことがわかってきます。
 もし米国(を支配している寡頭勢力)が福島原発の破壊を意図
的に仕掛けたのだとしたら、その勢力は日本側にそれを悟られな
いようにする必要があります。
 日本にだって優れた学者やエンジニアがいるし、一方的に騙さ
れることはありえないからです。そういう場合は権力者(政権)
を抑えるのです。できれば、なるべく愚かな権力者であればこと
を進めやすいといえます。しかし、絶対に知られてはならないの
は国民です。したがって、真実に近いことを発信する者には、陰
謀論者のレッテルを貼って社会的に貶めるのです。多くの国民は
陰謀論者の疑いのある人の論説を信用しないので、発言を聞きも
しないし、読みもしないので、秘密は守られます。
 311ではそれに近い状況が起こっています。あのとき官邸に
は特別室が設けられ、一人の米国人がそこに常駐し、放射能対策
の陣頭指揮をとっていたのです。しかし、そのことを知る人は少
ないと思います。知っていてもメディアが伝えないからです。
 政治の歴史を調べてみると、自民党結党以来、自民党以外の政
権が誕生したことは今までに2回しかないのです。偶然かもしれ
ませんが、その2回とも未曽有の災害が起きています。
─────────────────────────────
   1.村山内閣/1994年 6月〜1995年 8月
     ・阪神淡路大震災
   2.菅 内閣/2010年 6月〜2011年 9月
     ・東日本大震災
─────────────────────────────
 正確にいうならば、村山内閣は自社さ政権であり、自民党は噛
んでいますが、あくまで首相は社会党出身であり、国家運営には
慣れておらず、対応が稚拙で死者は6434人に達したのです。
これに対して菅内閣は民主党内閣であり、いくつものミスを重ね
て、死者1万8455人の大災害になってしまったのです。
 実は、阪神淡路大震災、東日本大震災の両方とも人工地震とい
われているのです。仮にある勢力が日本にテロを仕掛けるとした
ら、そういう国家管理が脆弱な政権のときを狙うのが合理的判断
であると思います。このことを「偶然である」という人は多いと
思います。しかし、50年以上の歳月のなかで、たった2回の自
民党以外の政権のときに、よりによって関東大震災のレベルを超
える規模の大地震が起きているのです。とても偶然という一言で
は片付けられないと思います。
 さて、2011年4月21発行の日刊ゲンダイ紙に次のタイト
ルの記事が出たのです。記事内容の詳細は、添付ファイルを見て
いただきたいと思います。
─────────────────────────────
 首相官邸/米国人スタッフ駐在していた!危機管理も丸投げ
 のデタラメ政権/2011年4月21発行の日刊ゲンダイ紙
─────────────────────────────
 首相官邸の4階と5階は、首相、官房長官、各首相補佐官の執
務室があり、記者たちは立ち入り禁止となっています。そこに一
室が設けられ、米国人スタッフが詰めていたのです。
 その部屋には、東日本大震災当時、細野豪志首相補佐官、福山
哲郎官房副長官らが頻繁に出入りをしていたのです。その部屋の
人物から、彼らにはいろいろな指示が出されており、その報告の
ため部屋に出入りしていたものと思われます。
 このスタッフ派遣は事故直後にオバマ政権から要請があり、菅
首相と枝野官房長官は一度は断っています。しかしルース駐日大
使が官邸にやってきて菅首相に会い、「もし受け入れないときは
米国は日本を見捨てることになる」と圧力をかけたのです。そこ
で3月19日に受け入れたものです。
 ところで、この部屋に常駐していた米国人とは一体何者でしょ
うか。これについて副島隆彦氏が次のように書いています。
─────────────────────────────
 さて、ここで大事なことを報告します。私は、ついに首相官邸
に(2011年)3月17日からずっと詰めて、常駐しているア
メリカの政府高官で、かつ、IAEA、国際原子力委員会の高官
それもNo3の大物である人物を突きとめました。
 この男の名は、デイヴィッド・B・ウォーラーです。このデイ
ヴィッド・ウォーラーのIAEA内での肩書きは副事務総長(副
専務理事とも訳せる)である。天野之弥事務総長の次の高官であ
る。しかし、もうひとり間に、議長を名乗るパキスタン人がいる
ので、このウォーラーは、IAEAのナンバー3です。
 このデイヴィッド・ウォーラーが、3月17日からずっと、首
相官邸に潜んでいて、菅直人首相や、枝野幸男官房長官その他の
大臣たちに、直接、命令と指図を与えて、それで、福島第一原発
の事故と放射能漏れの大事件の処理と対応に当たっている。これ
を官邸の内部では、「日米連携チームの会議」と呼んでいる。辞
職したはずの米沖縄総領事だったケビン・メアというワルの高官
も、まだこのあたりで暗躍している。 http://exci.to/1W2n9Q5
─────────────────────────────
 どうでしょう。官邸の中枢にIAEAの幹部が常駐していれば
日本側が何を知っていて、何を知らないかが手に取るようにわか
るはずです。仮に福島原発3号機が小型核爆弾で爆破されていた
としても、菅首相をはじめ政権中枢幹部をどのようにでもいいく
るめることは可能だったはずです。しかもこの米国人は、菅首相
に代わって事実上の決済権を握っていたといわれています。もし
首相が小沢一郎氏であったら、こういう状況は絶対できない。そ
こで米国側は検察を動かして、2010年の総裁選で小沢首相の
芽を絶ったのです。 ────[現代は陰謀論の時代/065]

≪画像および関連情報≫
 ●首相官邸を占拠するジャパン・ハンドラー
  ───────────────────────────
   3.11(テロ?)、特に福島第1原発爆発に際して菅直
  人首相の対応がおかしいと様々な批判が飛びかい、結果的に
  民主党内でもごたごたの末、野田内閣に変わりました。当時
  枝野官房長官、東電の記者会見や原子力保安院の発表も要領
  を得ず東大、京大の学者専門家たちで構成された数多くの会
  議もまとまりがなく、日本政府はこれだけ無能だったのかと
  疑っていました。ところが、2011年夏頃ユーチューブで
  「小沢一郎を励ます会(だったと記憶)」にゲストで現れた
  副島隆彦氏が、「今数人の米軍関係者が総理官邸(3F)を
  占拠し、全ての指示を出している・・」と言っていました。
   結局、政府関係者の言動が何かおかしかったのは「命令待
  ち」「お伺い」だったからなのか。そういえば2011年5
  月頃、「平田オリザ」という内閣官房参与が韓国で「福島原
  発冷却(放射能)汚染水は太平洋に流せと命じたのはアメリ
  カだ」と公表し、一寸だけ?話題になりましたが、誰がどこ
  から命じたのか、その後マスコミも全く追報はしませんでし
  た。まさか、一国の首相官邸が外国人に乗っ取られていると
  は?しかし、それが以下のブログで、確かに官邸は1年以上
  も占拠されていることが分かりました。
                   http://bit.ly/1RUIj2x
  ───────────────────────────

日刊ゲンダイのスクープ記事.jpg
日刊ゲンダイのスクープ記事
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

●「CMや映画での311の事前予告」(EJ第4253号)

 911と311、不思議なことに事前に映画やCMなどで予告
されているのです。何はともあれ、次のソニーの「ブラビア」の
CMを見ていただきたいのです。時間は1分30秒です。
─────────────────────────────
     Sony Bravia Play-Doh Commercial Rabbit
              http://bit.ly/1Y8omDO
─────────────────────────────
 このCMの主人公は「ウサギ」です。ウサギがたくさん登場し
ます。ところで、なぜ、ウサギなのでしょうか。2011年の干
支は「辛卯」なのです。東日本大震災の年と一致します。
 まず、ごみ箱から小さな青色のウサギが飛び出します。そして
だんだん数が増えていきます。ウサギも次第に大きくなり、まる
で波が押し寄せるような感じがします。やがて道路の真ん中に白
いテントのようなものが現れ、それが押し寄せてきます。そのさ
まは、まさに津波そのものです。
 やがて、その白いテントは、白い四角い塊になって、道路一面
に広がります。すると、その白い塊の真ん中に赤いものが盛り上
がってきます。これはどう見ても日の丸、すなわち日本を意味し
ています。
 その赤い塊は巨大なウサギになり、それが崩れてさまざまな色
の四角い塊が一面に広がり、マークのような模様を形成します。
それは、放射線をあらわすハザードシンボルのようになり、ぐる
ぐる回転します。このように、最後に放射線まで出てきます。
 このCMがいつ制作されたかは不明ですが、2011年以前で
あることは確かです。ブラビアといえば、その最盛期は2005
年から2010年であるからです。したがってこれは311の予
告ではないかと思われています。
 次は映画での大事故の予告です。有名なサンプルがあります。
2010年4月20日の夜のことです。世界最大の沖合掘削請負
会社トランスオーシャン社が管理するルイジアナ州ベニス沖の石
油掘削施設ディープウォーター・ホライズンで、大規模な爆発が
あり、11人が行方不明となり、17人が負傷するという事故が
起きたのです。結局、爆発の2日後にその掘削施設は水没してし
まったのです。いわく付きのメキシコ湾での事故です。
 そのとき流出した原油の帯は、ルイジアナ州、アラバマ州、フ
ロリダ州、ミシシッピ州に流れ着き、4月30日付けで、これら
4州から非常事態宣言が出されたのです。
 実は、この事故はほぼ1年前の2009年に封切りされた映画
で予告されていたのです。その映画は「ノウイング」という米国
映画ですが、その予告されているシーンの動画があるので、何は
ともあれ、ご覧ください。時間は3分です。英語ですが、状況は
掴めると思います。
─────────────────────────────
                 米国映画「ノウイング」
  2009年7月10日初公開/ http://bit.ly/1qi3MXg
─────────────────────────────
 映画のなかで主人公がテレビを見ながらソファでくつろいでい
ます。そのときテレビニュースで、メキシコ湾の原油流出事故の
報道が流れるのです。ニュースキャスターは、はっきりと「メキ
シコ湾での原油流出事故」といっています。この事故は、上記の
ように実際に起きた事故なのですが、この映画が公開されたのは
2009年のことであり、事故が起きる以前なのです。
 映画にはこういうシーンはよくあります。この映画でもテレビ
のニュースは背景の一つに過ぎず、劇自体の内容には直接関係は
ないのです。しかし、このニュースは実際に約1年後に起きてい
るのです。どうしてこんなことができるのでしょうか。
 米国を支配している寡頭勢力は、ハリウッド映画やテレビなど
の主要メディアを金融的にも実質的にも支配しており、こういう
メディアを通じていくらでも予告ができるのです。したがって、
このメキシコ湾の原油流出事故が何者かに仕掛けられた事故であ
ることを意味しています。
 311を予告した映画としては、映画「ノウイング」ほど明確
ではないものの、米国映画「世界戦略:ロサンゼルス決戦」がそ
うだといわれています。予告編のURLは付けておきますが、予
告編を見ても何のことかわからないと思います。
─────────────────────────────
        米国映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」
 2011年9月17日初公開/ http://bit.ly/1RyJnXU
─────────────────────────────
 実はこの映画のプロットは、第2次世界大戦中の1942年2
月25日、ロサンゼルス上空に未確認飛行物体が出現したのです
が、米軍はそれを日本海軍機による空襲と誤認し、米軍が応戦す
る騒ぎになったのです。これは後に「ロサンゼルスの戦い」と呼
ばれるようになりますが、今回の映画はこの戦いをベースとして
います。一口でいえば、エイリアンの侵入による地球侵略の物語
というところでしょうか。
 異星人は大都市の海岸線の近辺の海洋を打ちながら流星として
到着し、世界中でのパニックと海岸からの避難を引き起こすので
すが、それは日本を襲う津波の状況と酷似しているのです。
 それにこの映画は2011年3月11日にソニーピクチャーズ
エンタテインメントからリリースされているのです。そもそも史
実が日本に対する米国の敵愾心を表す映画であり、描き方も東北
への津波の来襲に似ていることから、ソニーでは、4月に予定し
ていた日本での公開を10月まで延期したのです。
 驚くべきことですが、ネットではこの映画と東日本大震災の映
像をミックスした次の動画もアップされています。
─────────────────────────────
     ミックス動画/  http://bit.ly/239P56v
─────────────────────────────
          ────[現代は陰謀論の時代/066]

≪画像および関連情報≫
 ●「世界侵略/ロサンゼルス決戦」/「ニュースの備忘録」
  ───────────────────────────
   ロサンゼルスに襲来した謎の地球外生命体にアメリカ海兵
  隊が立ち向かうアクション映画。いわゆる「ロサンゼルスの
  戦い」などの実際の事件を題材としており、アクション映画
  であると同時に、モキュメンタリー(フェイクドキュメンタ
  リー)映画としての要素も含まれている。
  ストーリー:1942年2月25日。ロサンゼルス上空に未
  確認飛行物体が出現、米軍がこれに応戦する騒ぎとなった。
  後に「ロサンゼルスの戦い」と呼ばれたこの騒動は、大きな
  被害を出さないまま収束する。その後同様の飛行物体が19
  65年にブエノスアイレス、1983年にソウル、1991
  年にロンドンで確認されるも、その実態は分からないままで
  あった。
   2011年。再び出現した飛行物体は、突如全世界に対し
  一斉攻撃を開始。各主要都市が次々と壊滅状態に追いやられ
  る中、人類最後の砦となったロサンゼルスにアメリカ海兵隊
  が集結、侵略者への抗戦を開始する。
   この文脈からは、「エイリアン=日本人」としか読めない
  ね。あ、書き忘れるところだった。1942年のこの事件後
  在米邦人は強制収容所へ放り込まれて財産没収だったことは
  忘れてはいけない事実だった。   http://bit.ly/25FBiXr
  ───────────────────────────

映画「ノウイング」からニュース映像.jpg
映画「ノウイング」からニュース映像
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

●「寡頭勢力が人工地震を起こす理由」(EJ第4254号)

 ここまでの記述において「寡頭勢力」という言葉を多く使って
います。「寡頭勢力」とは何でしょうか。ネットで調べると、コ
トバンクに次の解説があります。
─────────────────────────────
 中南米で,地主などから成る特権的グループのこと。経済力
 と政治力を掌握して国内政治に大きな影響力をもつ。オリガ
 ルキア。   ──コトバンク / http://bit.ly/1pZzM1A
─────────────────────────────
 この解説には「中南米で」とありますが、中南米とは限らず、
ワールドワイドで、経済的、政治的に強い影響力を持つグループ
と仮に定義しておくことにします。最近では「米国1%」と称す
る人もいます。米国では富が上位1%の人たちに集中し、大きな
格差が生まれているからです。
 現在米大統領選の予備選で、民主党の大統領候補のバーニー・
サンダース氏は、残りの99%の国民に重点を置く政治を取り戻
そうと訴えて、米国の若者の支持を多く集め、ヒラリー・クリン
トン氏との戦いに善戦しています。
 さて、2008年12月22日に英語のユーチューブサイトに
アップされた動画があります。実際の動画が見つからないので、
そのサイトを添付ファイルにしてあります。本からのコピーです
ので、非常に不鮮明であり、サイトのタイトルを次に示すことに
します。
─────────────────────────────
  Illuminati Nuclear Meltdowns in Progress at Fukushima
   イルミナティの核のメルトダウンが福島で起きる
              2008年12月22日
   311の日に日本で8・8の地震と津波が起きる
              ──泉パウロ著/ヒカルランド刊
      「環境破壊兵器HAARPが福島原発を粉砕した/
           地球科学者らによる衝撃の内部告発!」
─────────────────────────────
 なお、下の2行の英文は不鮮明で、読み取れないので、著者の
日本語訳を載せています。ちなみに、動画の内容は、災害に関す
る製品の販売であり、タイトルとは関係のない内容です。この動
画の目的は、311の予告にあります。
 しかし、2008年の時点で、2011年3月11日に発生す
る自然地震や津波の予測ができるはずはないのです。したがって
これが的中したということは、ある寡頭勢力がその日に人工的に
地震と津波を起こした可能性がきわめて高いのです。よく聖書に
書かれている予言が的中しているといわれますが、寡頭勢力がそ
の予言通りにことを起こせば、それは預言が的中したように見え
るはずです。
 試みにネットで「311の地震は人工地震か」で検索してくだ
さい。多くの記事がヒットするはずです。もちろんそのなかには
「人工地震ではない」とか、「人工地震は妄想である」という反
論も含まれているのですが、人工地震説をとる記事が圧倒的に多
いのです。ネットだけではなく、私が関連書のほとんどを読んだ
限りでは、311は人工地震の可能性が高いといえます。
 ここでその寡頭勢力が何を目的として、そのような人工地震や
津波を起こすのかについて考えてみる必要があります。
─────────────────────────────
 1.ある国に対して寡頭勢力にとって有利な要求を実現させ
   る場合の脅しとして使う。
 2.自然災害を装って人工的に災害を発生させ、その国の産
   業や経済を弱体化させる。
 3.特定の日に災害が起きることがわかっていれば株価操作
   で巨額な資金が得られる。
─────────────────────────────
 「1」に関しては、そのような脅しがあるとは俄かには信じら
れないという人が多いと思いますが、これについて2月24日付
/EJ第4223号におけるベンジャミン・フルフォード氏の発
言を再現させていただきます。
 要約すると、2007年、ベンジャミン・フルフォード氏は、
当時の竹中金融担当相に取材し、次の質問をしたのです。
─────────────────────────────
  どうして日本の金融機関を外国資本の支配下に置いたのか
─────────────────────────────
 確かに日本の大手銀行の株主欄を見ると、必ず外資のいくつか
の金融機関が邦銀の支配権を満たす33%以上の株式を株式を保
有しているのです。どうしてそんな日本にとって不利なことをあ
なたはやったのかと竹中氏に迫ったのです。これに関して竹中氏
は間接的ですが、次のように答えています。
─────────────────────────────
 あなたは信じられないかもしれないが、日本を“地震兵器”
 で攻撃すると脅されたので、そうしたのです。
                  http://bit.ly/1Q9NOo0
─────────────────────────────
 また、フルフォード氏は、2007年7月15日に行われたあ
る会合で、日本の公安の幹部から次のようにいわれたと告白して
います。
─────────────────────────────
 世界経済を支配している勢力のことをあなた(フルフォード氏
のこと)が書いてしまったから、明日、新潟で地震が起きる。
─────────────────────────────
 フルフォード氏はその席では本気にしなかったのですが、実際
にその翌16日に本当に新潟県中越沖を震源として地震が起きた
というのです。マグニチュード6クラスの地震です。こういうこ
とはよく聞く話です。なお、「2」「3」については、来週お話
しします。     ────[現代は陰謀論の時代/067]

≪画像および関連情報≫
 ●憂いの果てに〜次男坊のアフォリズム/11年3月26日
  ───────────────────────────
   菅直人首相(当時)は8日午前の参院予算委員会で、参加
  の是非を検討している環太平洋連携協定(TPP)について
  「いろいろな選択肢がある。(参加への)一本道で行ってい
  るわけではない」と述べ、不参加の可能性に言及した。
   政府は6月に交渉参加の是非を判断するとしてきたが、農
  業団体や与党内に参加への反発が根強いほか、国民から意見
  を聞くために全国で開いている「開国フォーラム」でも否定
  的な意見が相次いでいることに配慮したとみられる。
   菅首相はこれまで、TPPを“平成の開国”と位置づけ、
  一貫して参加に意欲を示してきた。不参加となった場合の影
  響について首相は「なぜそういう行動を取るか日米間で話を
  する。決して関係がおかしくなることはない」と指摘した。
  民主党の安井美沙子氏の質問に答えた。
   ──産経新聞/2011年3月8日(火)12時59分配信
   記事を素直に読めば、この時はまだ正式にTPP不参加を
  打ち出したわけではないことがわかる。菅総理は、いずれ、
  TPP不参加をアメリカと直談判して打ち出すつもりだった
  のだろう。そして、この記事か配信された3日後、東日本大
  震災は発生した。その巨大災害は日本に未曽有の被害を与え
  た。その被害は今後さらに拡大していくことは必至な情勢に
  なってしまった。やはり、トリガーを引いたのは菅総理自身
  なのだろう。           http://bit.ly/1WeQiY9
  ───────────────────────────

311を予告したと思われる動画サイト.jpg
311を予告したと思われる動画サイト
posted by 平野 浩 at 01:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

●「東日本大震災と関係のあるTPP」(EJ第4255号)

 国のレベルを超えて世界を支配下に置こうといる寡頭勢力は、
何のために人工地震や津波を起こすのかについて、次の3つを指
摘し、「1」については前回で既に述べています。
─────────────────────────────
 1.ある国に対して寡頭勢力にとって有利な要求を実現させ
   る場合の脅しとして使う。 ←
 2.自然災害を装って人工的に災害を発生させ、その国の産
   業や経済を弱体化させる。 ←
 3.特定の日に災害が起きることがわかっていれば株価操作
   で巨額な資金が得られる。
─────────────────────────────
 「1」と「2」については、日本に関しては、太平洋戦争終結
からこれまでにさまざまなかたちで寡頭勢力による日本からの収
奪が既に行われています。ここでキーワードとして浮かんでくる
のはTPPです。TPPは2015年10月に「大筋合意」に達
していますが、これにはさまざまな疑惑があります。このときの
日本経済新聞の記事を示しておきます。
─────────────────────────────
 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する日米など12
ヶ国は5日、閣僚会合後に共同記者会見して大筋合意に達したと
発表した。全31の分野をカバーする大型の通商協定の締結で、
工業品の関税は99・9%が撤廃され、知的財産権や環境保護ま
で幅広いルールが整備される。アジア太平洋地域のヒトやモノの
移動が活発になリ、長い目でみた地域の成長や安定につながる。
       ──2015年10月6日付、「日本経済新聞」
─────────────────────────────
 そもそも寡頭勢力は、TPPに日本を引きずり込むためにオバ
マ政権を通して日本にさまざまな圧力をかけたのではないかとい
われているのです。311も寡頭勢力によるその仕掛けのひとつ
ではないかといわれています。
 「平成の開国」として、TPPへの参加の検討をいいはじめた
のは、民主党の菅政権です。菅首相は、2010年10月1日、
第176回国会での首相所信表明演説でそれを宣言しています。
─────────────────────────────
 この秋は、我が国において、重要な国際会議が開催されます。
生物多様性条約に関するCOP10では、議長国としての重要な
役割を果たします。また、私が議長を務めるAPEC首脳会議で
は、米国、韓国、中国、ASEAN、豪州、ロシア等のアジア太
平洋諸国と成長と繁栄を共有する環境を整備します。架け橋とし
て、EPA・FTAが重要です。
 その一環として、環太平洋パートナーシップ協定交渉等への参
加を検討し、アジア太平洋自由貿易圏の構築を目指します。東ア
ジア共同体構想の実現を見据え、国を開き、具体的な交渉を一歩
でも進めたいと思います。
       ──2010年10月1日/菅首相所信表明演説
─────────────────────────────
 この宣言に民主党党内の山田正彦前農林水産相ら衆参65人が
明確に反対を唱えて立ち上がり、当時野党の自民党も反対一色で
あったはずです。そこで菅政権のTPP参加検討の動きが大きく
鈍るのです。そして、その翌年3月11日に東日本大震災が起き
ます。まるでTPP参加を促しているように感じられます。
 震災後にジェームズ・アワー元アメリカ国防総省・日本部長は
日本の震災の復興策のひとつとして、日本がTPPに早期に批准
すべきであるとし、2011年3月25日付の産経新聞で以下の
ことに言及したのです。きわめて露骨です。
─────────────────────────────
 津波で多くの日本農家が命を落とし、生き残った者も非常に苦
しんでいるのは間違いない。TPPが批准されれば日本経済全体
を後押しするであろうし、ずっと延び延びになっている、意味あ
る日本農業改革をもたらすこともできる。
    ──ジェームズ・アワー元アメリカ国防総省・日本部長
                   http://bit.ly/1RWV7Ak
─────────────────────────────
 さらに1012年末の衆院選で安倍自民党総裁は、明確に「T
PP反対」を掲げて選挙を戦い、大勝し、政権に復帰します。そ
して首相になると安倍首相はその公約を翻し、2013年3月、
日本政府はTPP交渉参加に踏み切ったのです。
 ところがここにきて少し異変が生じています。米大統領予備選
挙でまだ戦っている各候補者──トランプ、クルーズ、クリント
ン、サンダーズ氏らはTPPの批准に反対し、賛成はケーシック
候補だけなのです。それに賛成を求めるオバマ大統領に議会も反
対を表明しています。結局は、TPPの批准は米国の新大統領の
手に委ねられることになりそうです。
 既に日本の国会でもTPPの審議がはじまっていますが、交渉
担当大臣の甘利明氏が失脚したり、交渉過程は明かさないという
秘密保持契約によって審議はたびたび中断しています。
 しかし、与党は多数を握っているし、TPPは批准されること
は確実です。米国においても、新大統領ではなく、オバマ大統領
によって批准が行われると予測する向きもあります。
 米プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン国際公共政策大学
院教授で、国際貿易が専門のクリスティーナ・デイビス教授など
は、次のように予測しています。
─────────────────────────────
 オバマ大統領のリーダーシップ下にある民主党内の支持派と、
通商利益と貿易の促進に強い関心をもつ共和党の一部との間で連
携が生まれ、大統領選挙終了後のオバマ政権最終盤の「レームダ
ック」期間に、議会を通過するのではないか。
                   http://bit.ly/20oQowE
─────────────────────────────
          ────[現代は陰謀論の時代/068]

≪画像および関連情報≫
 ●東日本大震災とTPP/米国の策略
  ───────────────────────────
   これまでたびたび、東日本大震災が人工地震であることに
  言及してきたが、なぜこのタイミングで起こされたかを考え
  た時、真っ先に浮かびあがるのが実はTPP(環太平洋パー
  トナーシップ協定)だ。書籍や雑誌メディアを中心に、これ
  までも反TPPのさまざまな記事が取り上げられてきた。地
  域内の貿易や経済活動を活発化するため、関税をゼロにする
  ことで、日本の輸出入を活発化し、経済を活性化できると言
  うのがTPP推進の表向きの理由だが、実態はその利は日本
  ではなく、アメリカにある。
   TPPはアメリカが参加国に対して行使する世界戦略なの
  だ。そのTPPを推進しているのは、現在、渦中のまっただ
  中にある原子力利権の中枢「経済産業省」である。アメリカ
  政府と日本の政官財が一体となり推進する、アメリカにとっ
  て都合のいい「日本改造計画」とも言うべき経済協定がTP
  Pなのである。
   日本では、TPPへの早期参加を強く求める経済界に対し
  地方議会はこれまで、TPPの参加について反対、あるいは
  慎重な対応を求める姿勢を取ってきた。今年6月にはTPP
  への参加の是非を決める決議が行われる予定だが、東日本大
  震災は、それを目前に引き起こされたと言っていい。
                   http://bit.ly/1RWV7Ak
  ───────────────────────────

ジェームズ・アワー氏.jpg
ジェームズ・アワー氏
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

●「地震を事前に知っていれば儲かる」(EJ第4256号)

 寡頭勢力が何のために人工地震や津波を起こすのかについての
理由「3」を再現します。
─────────────────────────────
 3.特定の日に災害が起きることがわかっていれば株価操作
   で巨額な資金が得られる。 ←
─────────────────────────────
 2011年3月11日(金)に東北で大地震が起きることがわ
かっていれば、株価操作で大儲けをすることができます。なぜな
ら、大地震が起これば日経平均株価は大幅に下落することが当然
予想できるからです。それを狙って空売りを仕掛けるのです。
 地震発生は14時46分ですが、その直後に株を売った人はあ
まりいないようです。11日の終値は下がりはしたものの、小幅
の下げに終わっています。3月11日は金曜日ですので、実際に
株価が大幅に下がったのは14日からです。
 ところが地震の状況を見極めようとする冷静な判断からか14
日は400円程度の下げに終わっています。しかし、15日にな
ると、地震・津波被害の全体規模が広範囲で、壊滅的なことがわ
かってきたので、パニック売りが発生しています。実際の株価の
動きは次のようになっています。
─────────────────────────────
         始値    高値    安値    終値
3月11日 10298 10378 10254 10254
  14日 10044 10049  9578  9620
  15日  9441  9441  8227  8605
─────────────────────────────
 ところで、空売りとは何でしょうか。ウィキペディアによると
次の説明があります。
─────────────────────────────
 空売りは、投資対象である現物を所有せずに、対象物を(将来
的に)売る契約を結ぶ行為である。(中略)現在の株式市場での
「空売り」とは証券の保有者から証券を借りて市場で売り、証券
の返却期日前に証券を買い戻す行為を主に指す。この場合は株の
貸借の返済期日までに証券の価格が値下がりすると証券を安値で
買い戻して高値で決済することができるので、差額による利益が
生まれる。    ──ウィキペディア http://bit.ly/1RXjeif
─────────────────────────────
 3月11日に事前に大地震が起きることがわかっていれば、寡
頭勢力は、巨額の資金を動かして、次の4ステップの株取引で、
大儲けができるのです。
─────────────────────────────
 1.株価が高いときに証券会社から株を借り、それを地震前
   に高値で売却する。
 2.地震発生前に、復興特需を狙える建設株をできるだけ多
   く買い入れておく。
 3.地震発生後のパニック売りで株価下落を十分見極めのう
   え底値で買い戻す。
 4.底値で買い戻した借り株を約束の返還期限日までに、証
   券会社に返却する。
─────────────────────────────
 株式の世界ではこのようなことができるのです。常識的には人
工地震などあり得ないということになっているので、このような
取引をしてもインサイダー取引にはならないのです。
 これについて、ネット・ジャーナリストのリチャード・コシミ
ズ氏は、近刊書で次のように述べています。
─────────────────────────────
 地震が起きれば、株式投資家は復興特需が起きるのを期待して
建設株を買う。株価が上がる。だから、311が発生すると予め
知っていれば、311前に建設株をごっそり仕入れておく。建設
株の「不動テトラ」は、311前まではほとんど値動きがなく、
50円程度で推移していた。
 それが311発生後の数日間で250円近くにまで急騰した。
50円で買った株を250円で売り抜ければ、数日で、投資額を
5倍に増やせたのだ。311の数ヶ月前に、普段ほとんど取引の
ない建設株が大きく商いされている。
 そして、311後、これらの株は、急騰している。150円が
250円に。250円が400円近くに。50円が270円に。
もちろん、米国1%は、この手口で大きく儲けるが、便乗して稼
ぐ連中もいるはずだ。      ──リチャード・コシミズ著
     「パリ八百長テロと米国1%の対日謀略」/成甲書房
─────────────────────────────
 311の前に東日本ハウスという住宅会社の株が異常なほど上
昇したのです。東日本ハウスは、在来型注文住宅の大手であり、
岩手県を本拠に全国展開している企業です。
 この企業の株価が2010年11月1日を底値として急上昇し
ていたのです。この時期は、不可解極まる代表選挙で、劣勢のは
ずの菅直人氏が、小沢一郎氏に勝利して総理に就任したときに当
たります。そのときの日本経済は低迷して、とても住宅関連企業
の株が買われる時期ではなかったのです。
 東日本ハウスだけではないのです。佐田建設、東洋建設、熊谷
組、三井住友建設、大末建設、技研興業、東海リースなどの建設
関連株の出来高も急速に膨らんでいるのです。これは、何らかの
情報によって事前に東日本大震災が一年後に起きることを知って
いたとしか思えないのです。菅政権にはあまりにも怪しいことが
多いのです。
 しかし、そうであるとすると、福島原発を徹底的に破壊して人
が住めなくなってしまっては困るのです。つまり、地震と津波で
建造物は徹底的に破壊されるが、原発に関しては一定の手心が加
えられないと困る。つまり、チェルノブイリのようになっては困
るわけです。これについては、改めて検証してみようと思ってい
ます。       ────[現代は陰謀論の時代/069]

≪画像および関連情報≫
 ●疑惑の建設関連企業/311を事前に知っていたのか?
  ───────────────────────────
   疑惑の建築関連企業は多数ありますが、チャート上で明ら
  かにバレているのはこの企業でしょう。東北を拠点とする東
  日本ハウスの株価チャートです。直前になって急激に株価が
  上がっていて取引も急増しています。3月9日には大きめの
  地震が起こったものの、急高騰しているのは地震の予兆のな
  い8日頃。住宅需要期でもなんでもないこの不景気な時期に
  です。まさしくこれこそインサイダー取引の証拠です。東日
  本ハウスは在来型注文住宅大手。岩手を本拠に全国展開。子
  会社で観光・ホテル・地ビール。マンション進出の株価が、
  最近では2010年11月1日を底値に大幅に上昇していま
  す。この不景気に、何で注文住宅の会社の業績が良くなり、
  同社の株価が上昇すると予測して、同社の株の「買い」が増
  えたのでしょうか。事前に地震・津波で多数の住宅が損壊す
  るのを知っていて、それ以降の「復興需要が見込める」との
  「インサイダー情報」があったからだと思われます。そして
  注目点は、「東日本ハウス」は、「岩手が本拠」です。佐田
  建設、東洋建設、世紀東急工業、熊谷組、三井住友建設、大
  末建設、技研興業、東海リース、これらの建設関係株の出来
  高も急速に膨らんでいます。人工地震情報を知ったインサイ
  ダーでしょう。東日本ハウスが買収したミサワの会長に竹中
  平蔵の弟が就任している事実も際限なく怪しいと言われてい
  ます。どうやら竹中も菅も大地震を知っていたようです。
              ──泉パウロ著/ヒカルランド刊
       『本当かデマか「人工地震説の根拠」衝撃検証』
  ───────────────────────────

311における日経平均株価の動き.jpg
311における日経平均株価の動き
 
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

●「正確に地震を予知できる森谷博士」(EJ第4257号)

 世の中には口にしてはいけないことがあるようです。「東日本
大震災は人工地震である」もそのひとつであると思われます。こ
の手の論説には次の2つの受け止め方があります。
─────────────────────────────
 1.それは常識に反する根も葉もないデタラメであり、聞く
   価値も読む価値のない妄想である。
 2.本当かどうかはわからないが、そういう論説がある以上
   調べてみる価値があるものである。
─────────────────────────────
 「1」の立場をとる人はきわめて常識的な人です。常識に反す
る言説や論説は聞かない、読まない、調べないに徹しています。
そういうことをするのは、時間の無駄だと割り切っています。
 しかし、世の中の常識というものがどれほど真実であるかはき
わめて疑問です。東日本大震災であろうと何であろうと、地震や
津波はすべて自然現象であると考えてしまうからです。
 これに対して「2」の立場をとる人は、俄かには信じがたいこ
とであるが、そういうことをいう人がいる以上、そういう論説が
ある以上、本当かウソか確かめてみようとする人です。そういう
本を読み、自分でも調べてみるのです。
 EJは「2」のスタンスに立っています。そしてここまで調べ
てきた限りでは、人工地震である状況証拠は数多くあり、「東日
本大震災は人工地震ではない」とは断定しにくくなっています。
世の中には常識では計れないものがたくさんあるのです。
 「1」の立場に立つ人は、彼らが陰謀論者と呼ぶ人は世の中の
あらゆることをすべて陰謀論にしてしまっていると非難します。
確かにそういう傾向はあるかもしれません。1948年のNHK
のラジオ番組「日曜娯楽版」で有名になったコントがあります。
─────────────────────────────
      男:大臣、またまた列車妨害です。
     大臣:うん、共産党じゃろう。
      男:大臣、電車が暴走しました。
     大臣:犯人は共産党じゃろう。
      男:台風が来襲するそうです。
     大臣:共産党のせいだ。
      男:いよいよ暑くなってきました。
     大臣:チキショー、共産党の奴め
     ──田中聡著『陰謀論の正体!』/幻冬舎新書347
─────────────────────────────
 当時日本国内では労働運動がさかんであり、大小多数の争議が
起こっていたのです。労働組合が強かった時代であり、なにか事
があると、すべて共産党のしわざといわれたものです。そのとき
の三木鶏郎のコントです。
 人工地震について調べてみてわかったことがあります。確証は
ないのですが、東日本大震災が2011年3月11日に起きるこ
とを事前に知っていたと思われる人がかなりいたのではないかと
思われることです。
 そうでなければ、311の前に特定の建設株があれほど多く買
われるはずがないからです。それならなぜ地震の起きることが事
前にわかったのでしょうか。自然地震では事前に知ることは不可
能ですから、東日本大震災は人工地震ということになります。
 さて、ここに1つの動画があります。地震予知を取り上げた次
のテレビの番組です。何はともあれ、この動画を先に見ていただ
きたいのです。時間は16分45秒です。
─────────────────────────────
    凄すぎる地震予知(2008年十勝沖地震)
            北海道大学/森谷武男博士
                  16分45秒
              http://bit.ly/1S3o3ZB
─────────────────────────────
 北海道大学の森谷武男博士は、単独で今までとはまったく違う
地震予知に成功したのです。森谷博士は地震は観測さえちゃんと
やっていれば、100%予知できるとしています。
 このテレビ番組(TV局は不明)は、そのことを検証するため
森谷博士に長期間にわたって密着し、その観測の結果、2008
年の十勝沖地震の予知に成功したのです。
 番組ではその一部始終を見ることができます。森谷博士はテレ
ビ局にも生出演し、どこにでもアンテナを設置し、観測すれば、
地震を正確に予知できるといいます。しかし、現在研究している
のは自分一人であり、スタッフもカネも足りないことを訴え、興
味があれば北海道大学に入学してくれと訴えています。
 日本では地震を正確に予知するのは困難といわれています。し
かし、このようにいわれていることにはウソが多いのです。仮に
正確に予知できるようになったとしても、諸般の事情から「予知
不能」ということにしておくこともあるからです。
 しかし、森谷博士にいわせると、しかるべき機器を置き、観測
すれば地震は正確に予知できるとし、実際にそれを証明して見せ
ているのです。もし、番組終了後に森谷式観測体制を備えていれ
東日本大震災で多くのむ人命を救えたのです。
─────────────────────────────
      ◎従来の予測
      「○○地方の何処か」で
      「数年以内」に
      「大規模な地震」が起こる
      ◎森谷博士の予知
       「半径数十キロ以内の場所」で
       「10日前後」に
       「マグニチュード○」が起こる
            ──テレビ番組より
─────────────────────────────
          ────[現代は陰謀論の時代/070]

≪画像および関連情報≫
 ●東日本大震災前の建設関連株の動き
  ───────────────────────────
   東日本大震災が発生した3月11日以降、日本企業の株は
  当然のように暴落しました。しかし、驚いたことに円は買わ
  れて「円高」になりました。多くの人たちが被害にあって現
  在も苦しんでいる大震災が、投資家にとっては儲けのチャン
  スとして投資対象とされていることが明確になり、嫌な気分
  になりました。
   しかし、為替や株式投資などはそういうものなのです。あ
  る人に言わせると、日々の株式売買では勝つこともあるし、
  負けることもある。何十億儲けても、同じだけ損することも
  あり、継続して儲けることは非常に難しい。唯一高い確率で
  儲けることができるのが、企業の不祥事などで株が一時的に
  大きく下がった時に買って株価が戻った時に売り抜けるとい
  うものです。
   今回のソニーの個人情報の漏えいなど、典型的な事件だと
  思います。個人情報の漏えいを世界中で大々的に報道され、
  株価は大きく下がりました。このようなタイミングを利用し
  て売買すれば儲かる可能性が高いです。(実際にそれが目的
  の事件だと思います)今回の大震災もそのような投資家に利
  用されているようです。大震災の復興には建物や道路の修復
  が必要ですので、建設業界の株が上がることになります。
                   http://bit.ly/1SpfIfX
  ───────────────────────────

地震予知の森谷武男博士.jpg
地震予知の森谷武男博士
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

●「なぜ地震予知研究を中止させるか」(EJ第4258号)

 森谷武男博士による地震予知観測は、不可解なことに、ある筋
から圧力がかかり、研究観測体制を築くどころか、地震研究・予
測の封鎖を余儀なくされてしまったのです。どうしてこのような
ことになったのでしょうか。
 森谷博士による地震予測の方法を簡単にいうと、次のようにな
るのです。
─────────────────────────────
 1.地震の起きる10日〜20日前くらい前から普段は絶対
   受信できないFM電波が受信できるようになる。
 2.大地が下から押し上げられるときに出る静電気が電波に
   影響を与えて、FM電波が聴こえるようになる。
 3.この異常な電波が終了して約10日間前後の時期に、静
   電気の出る場所を震源地とする地震が発生する。
 4.地震の大きさについては、異常な電波の積算数値の大き
   さに比例して、マグニチュードが決まってくる。
─────────────────────────────
 この方式で、森谷博士は2002年以降の北海道周辺の地震を
ほぼ100%、震源地も時期も、マグニチュードの大きさもいい
当てているのです。そして、2008年に森谷博士はテレビ(昨
日のEJで紹介)に登場し、北海道だけでなく、全国にアンテナ
を設置して観測すべきことを訴えています。
 しかし、これに対して強い反発があったのです。横浜物理学研
究所は、ウェブサイトを通じて、次のように反論しています。冒
頭の部分を紹介します。
─────────────────────────────
 電磁波で地震予知を行っている研究者のひとりとして、北海道
大学地震火山研究観測センターの森谷武男博士がいます。森谷氏
は、地震発生前には何らかの要因で大気中の電気状態が乱れ、遠
くからのFM電波が届く「地震エコー」と呼ぶ現象が起こる、と
主張しています。地震エコーが観測されなくなってしばらくする
と、地震が起こるというのです。
 テレビでもセンセーショナルに取り上げられた森谷氏ですが、
彼の主張は全く信用できません。まず、同じく電磁波の観測によ
り地震予知をしている、いわば盟友であるはずの早川正士氏の主
張と、極めて著しい矛盾があるのです。 http://bit.ly/1S3FSaT
─────────────────────────────
 このややヒステリックな反論は、あのSTAP細胞を寄ってた
かって批判した理研の調査委員会のそれと似ています。ところで
この反論のなかで「早川正士氏の主張」というのがありますが、
早川正士氏は、電気通信大学名誉教授で、電磁環境学の専門家で
す。その主張は、2011年末に上梓された次の書籍における主
張のことをいっています。
─────────────────────────────
                   早川正士著
     「地震は予知できる!」/ベストセラーズ
─────────────────────────────
 この本の評価は意外に高いのです。この本の書評を書いている
「311後空気の正体」というサイトがあります。少し長いです
が、その一部を紹介します。
─────────────────────────────
 「地震は予知できる」という本を読めば、もはや地震予知は可
能であるどころかそれはすでに実用段階に至っているのである。
そんな妄言は信じられないという人に、とりあえず地震予知は可
能であるという理論的な根拠を示しておこう。
 「地震は予知できる」という書を上梓した早川先生は東京電気
通信大学の教授である。先生の専門は電磁波の研究である。地震
学者ではないが、大きな地震の前に異常な電磁波が観測されるこ
とがあるということはかなり前から知られていたので、先生はそ
の研究に独自で取り組んでいた。そのきっかけになったのは阪神
大震災であったという。
 先生は1995年1月17日に起こった地震の数日前に前兆現
象ともいえる電波(VLF波)の異常を観測していた。ところが
地震が起こったあとは正常に戻っていた。その解析から、先生は
電磁波の異常を観測することによって地震予知に生かせるのでは
ないかと確信したそうである。
 地上を行き交う電磁波というのは低周波から長波、中波、短波
マイクロ波までさまざまな種類がある。その種類の違いは基本的
に波長の長さによっている。人類はこの電磁波の波長の違いを利
用することによって多くの文明の利器を発明した。比較的短い波
長をもつ中波や短波はラジオやテレビとして使われていることは
周知の通りであるが、早川先生らが地震予知に生かせるとしてい
るのはあまり活用されていない長波である。長い波長をもつ長波
(VHL波)は電離層の最下部で反射することが知られている。
その結果、長波の異常を観測することによって、電離層の異常を
観測できるというわけである。     http://bit.ly/1Nim6nZ
─────────────────────────────
 横浜物理学研究所は、森谷博士の理論と早川教授の理論を比較
し、大きな矛盾があるとしていますが、別々に研究しているので
すから、矛盾があってもおかしくないと思います。むしろ着想は
きわめてよく似ていると思います。2人が協力すればさらによく
なると思います。
 問題は、森谷博士の研究を中止させたのは、所属する北海道大
学当局で、「あなたの地震予知研究は世の中を不安にさせる」と
いう理由からだそうです。しかし、北海道大学の独断ではなく、
おそらく政府からの圧力があったのでしょう。そういう研究をさ
れると国としてきっと迷惑なのです。そしてそれは、米国の気象
兵器HAARPに関係があると思います。HAARPによって電
離層が熱射されると、何らかの理由でFM電波が聞こえるように
なるのではないかと思われます。
          ────[現代は陰謀論の時代/071]

≪画像および関連情報≫
 ●なぜ、地震予知の研究をやめさせるのか
  ───────────────────────────
   国の公式見解では「地震予知は不可能」とされています。
  が、しっかり観測さえしていれば、エコーの揺れが止まって
  からの地震が起きる的中率100%という地震予知が存在。
  それが、北海道大学の森谷武男博士の地震エコーによる地震
  予知です。しかし、圧力により森谷博士の地震研究は封鎖さ
  れてしまいました。
   既得権益の地震村によほど都合の悪いことがあったようで
  す。ほぼ100%の的中率とも言われた地震の予知を導入し
  ない理由、そして弾圧する理由に、私達国民は着目していく
  必要があり、そしてその理由に焦点を当てていく必要があり
  ます。
   今、実際に多くの人間が巨大地震により尊い命を失われた
  実態の中、そして危機が迫っている状況下で、予知なんかで
  きないということだけで、一筋の光も捨てていいものだろう
  か。少なくとも、実績や経験値が浅いと言われながらも、森
  谷氏の過去の実績を見て、信じて行動を起こしてみることは
  理に適っていると思われる。信じるなと言われ、何も行動を
  起こさず黙って巨大地震や巨大津波を受け止めるのか。自分
  だけではなく愛する家族や愛する人が消滅していいのか??
   森谷氏は、地震予知ができないということは、癌が治らな
  いと言っているようなものと述べている。科学は、否定され
  ながら進化している。       http://bit.ly/1SagGmc
  ───────────────────────────

早川正士教授.jpg
早川 正士教授
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

●「なぜ地震は予知できないというか」(EJ第4259号)

 森谷武男博士の地震予測法でわかったことがあります。日本で
は「地震の予知はできない」ということになっているようです。
それでいて、「地震予知連絡会」などという組織があって、地震
予知の研究が行われているのです。地震予知連絡会というのは、
次のような組織です。
─────────────────────────────
 地震予知連絡会というのは、地震と地殻変動に関する情報を交
換し、地震予知に関する専門的な検討と研究を行う組織として、
1969年に測地学審議会の建議により発足しています。事務局
は、国土地理院から委嘱された学識経験者と関係行政機関の職員
30名で構成されています。       ──ウィキペディア
                   http://bit.ly/23nTLcz
─────────────────────────────
 しかし、この地震予知連絡会は、現在までに目立った成果を何
も上げていないのです。そのため、ネット上では「地震予知連は
単なる勉強会ではないか」とよく批判されています。
 さらに、国内の地震学者の多くは、「地震の予知は現代の科学
技術では不可能である」と主張するのです。こういう意見を述べ
る人は米国に近い人たちであるといえます。
 その筆頭ともいうべき学者の一人に、東京大学の地震学教授で
あるロバート・ゲラー氏がいます。311発生直後の2011年
4月、ゲラー教授に電話取材したロイター記者は、次のように書
いています。
─────────────────────────────
 ゲラー教授は、地震学者が現在使用している予知器などは、差
し迫った地震を予知するには不十分だと指摘。「理論的には一両
日中に地震が起きると予知しようとしているが、私の考えではこ
のシステムは科学的に完全ではなく、中止されるべきだ」とし、
「(地震の予知は)無益な努力だ。不可能なことを可能であると
見せかける必要はない」と切り捨てた。
 同教授は論文で東海地域で今後想定される地震に対する日本政
府の防災計画についても触れ、3月11日に発生した東日本大地
震が予測できなかったように、東海地震も予測できないとした。
 東海地域では1498年、1605年、1707年、1854
年に大地震が発生している。同地域で新たな大地震が起きた場合
死者数は数千人、数百万棟単位での建物倒壊が予想されており、
中部電力浜岡原発への懸念も高まっている。
                   http://bit.ly/1oPIfDK
─────────────────────────────
 その一方で、「地震は予知できる」と主張する本が、相当数発
売されています。そのなかで、評判になってかなり売れていると
思われる本に次の2冊があります。タイトルがきわめて酷似して
います。
─────────────────────────────
    ◎早川正士著/2012年01月24日
     「地震は予知できる!」/ベストセラーズ
    ◎村井俊治著/2015年01年16日
     「地震は必ず予知できる!」/集英社新書
─────────────────────────────
 上記の本に加えて、2008年の森谷武男氏の地震予知に関す
るテレビ番組の放映があります。これによって、地震予知の話題
はかなり盛り上がっていたのです。
 これらの地震予知に関する話題に関して、ひとつずつ横浜地球
物理学研究所という組織がネット上で、かなり執拗に反論してい
るのです。
─────────────────────────────
   ≪横浜地球物理学研究所≫
    ◎森谷武男氏に関する反論
     森谷武男氏の地震予知研究を批判します
             http://bit.ly/1S3FSaT
    ◎早川正士氏に関する反論
     早川正士氏の地震予知研究を批判します
             http://bit.ly/20ubXfq
    ◎村井俊治氏に関する反論
     村井俊治氏の地震予測を信じてはいけません
             http://bit.ly/25UbeIc
─────────────────────────────
 横浜地球物理学研究所によるそれぞれの反論を見ていただくと
わかりますが、非常に詳細な反論であり、それぞれの所論に対し
て徹底的に批判しているのです。「地震は予知できる」という主
張に対する徹底的な反論です。どうして、そこまでして反論する
のでしょうか。とくに電波を探知して地震を予知する森谷氏と早
川氏には警戒をしているようです。
 森谷博士の予知はこと北海道に関しては、100%とはいわな
いものの、ほぼ1週間ほど前に場所や規模を含めて、高い確率で
的中しています。北海道以外の地域では、いくつか外れています
が、それは北海道に設置したアンテナから予測しているからでは
ないでしょうか。
 添付ファイルに森田博士の観測したFM電波(地震エコー)の
グラフがあります。2010年夏頃からFM電波が出て、年末ま
で続いています。この期間が長いほど、マグニチュードの高い地
震が来る可能性が高いことになります。
 しかし、2011年に入ると、FM電波は目に見えて少なくな
り、3月11日にマグニチュード9・0の東日本大震災が日本を
襲ったのです。北海道に設置したアンテナによる予測ですが、ほ
ぼ的中しているといってよいのではないでしょうか。
 こういう研究があるのに、日本の地震学者はなぜ前向きに研究
しないで、人の研究の批判ばかりするのでしょうか。それはきっ
と人工地震にも関係があると思います。
          ────[現代は陰謀論の時代/072]

≪画像および関連情報≫
 ●「地震は予知できる!」書評/津田健二氏
  ───────────────────────────
   2011年5月に、「地震は電磁気学を応用すれば予知で
  きるニュートン力学に固執しては不可能」という記事を書い
  た。その取材相手である電気通信大学名誉教授の早川正士氏
  が「地震は予知できる」という本をKKベストセラーズから
  出版した。地震は予知できない、予知できるというものは、
  ペテン師だ、というような風潮がいまだに多いが、電磁気学
  を応用すれば説明がつくことが多いことを知ってもらいたい
  との思いから彼は出版した。
   私はかつて半導体物理などの物性物理を専門としていたた
  め、地震のメカニズムに沿って電荷の蓄積を考えると、早川
  氏の研究は極めてわかりやすい。地震が来る数時間〜数日前
  の動物の奇妙な行動やナマズの行動などについてもある程度
  説明がつく。地震のメカニズムだけを研究して、ニュートン
  力学だけを振り回している限り、地震は予知できない。逆に
  もっと電磁気学と物性物理を理解すれば、地震は予知できる
  のだ。地震の予知は、金属疲労の劣化を超音波探傷機で検出
  して、事故を防ぐことと極めてよく似ている。金属疲労の劣
  化を予知できないという研究者は恐らくいないと思うが、今
  の地震学者が地震を予知できないと言っていることは、金属
  疲労を予知できないと言っていることに等しい。金属疲労が
  起きて金属が破断する直前には、メリメリという超音波を発
  する。              http://bit.ly/1YoVPdi
  ───────────────────────────

地震エコー推移と311.jpg
地震エコー推移と311
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

●「南九州地震は15年に起きている」(EJ第4260号)

 2016年4月14日(木)午後9時26分、熊本県を震源と
する最大震度7の強い地震が発生したのです。地震の規模を示す
マグニチュードは、6・4と推定されています。
 翌15日までに強い余震が何回も続き、多くの人を不安に陥れ
ましたが、行政の避難所の対応も必ずしも十分ではなく、避難所
にいても不安なので、家屋の倒壊を免れた人は、15日の夜は家
に戻って寝た人が多かったのです。
 ところが、16日午前1時25分、今度は14日よりも大きな
地震が起き、多くの家屋が倒壊し、死者41人、9万2000人
が避難する大災害になってしまったのです。2つの地震について
以下にデータをメモしておきます。
─────────────────────────────
    ◎第1の地震
     2016年4月14日、午後9時26分
     マグニチュード6・4/最大震度6弱
     死者 9人/4万4000人避難
    ◎第2の地震
     2016年4月16日、午前1時25分
     マグニチュード7・3/最大震度6強
     死者41人/9万2000人避難
─────────────────────────────
 気象庁は、当初第1の地震を本震と発表していましたが、16
日になって、第2の地震が今回の一連の地震の本震であると見解
を変えています。これでは、何もいっていないのと同じです。
 マグニチュード7・3といえば阪神淡路大震災と同じです。高
速道路やビルが崩壊するレベルです。一般家屋ならひとたまりも
ありません。日本は何回も地震を経験していながら、気象庁や地
震学者や地震の専門家は、地震が起きるたびにテレビに出てきて
毎回同じような後づけの説明を繰り返すのみです。地震は予知で
きてこそ最大の防災対策になります。しかし、彼らは、科学の限
界を錦の御旗にして、「予知は不可能」という空しい発言を繰り
返すのみです。
 さて、この熊本地震についても人工地震ではないかという見解
がネット上に多く出ています。たまたまこの問題を取り上げてい
るEJが、スルーするわけにはいかないと思うので、いろいろな
角度から取り上げて検討していくことにします。
 ところで南九州地震といえば、不思議なことがあります。20
15年13〜14日のことです。南九州で巨大地震が発生し、1
万8000人が津波に呑まれたというニュースが日本ではなく、
米国や欧州のメディアを駆け巡ったのです。震源地は川内原発に
ほど近い地域であるというのです。
 この地震はけっしてデマではないのです。確かにその日にマグ
ニチュード7の地震が発生し、九州では緊急警報が携帯電話で鳴
り響いたからです。しかし、実質的な被害はほとんどなく、報道
も少なく、地震に慣れている日本人にはほとんど記憶には残って
いないのです。この地震について伝える朝日新聞デジタルの記事
を示しておきます。
─────────────────────────────
 (2015年11月)14日午前5時51分ごろ、鹿児島・薩
摩半島西方沖を震源とする地震があり、鹿児島市などで震度4を
観測したほか、九州〜近畿地方で震度3〜1の揺れがあった。気
象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグ
ニチュードは7・0と推定される。強い揺れがあった地域では今
後、1週間程度は最大で震度3程度の余震が起きる可能性がある
としている。             http://bit.ly/1SmyIlj
─────────────────────────────
 この地震について、「地震は必ず予知できる!」の著者である
村田俊治東京大学名誉教授は、事前に予知していたのです。その
ことに触れているサイトの記事を紹介します。村田教授について
は、15日のEJ第4259号で紹介しています。
─────────────────────────────
 2015年11月14日に九州は鹿児島県でマグニチュード7
という非常に大きな地震が起こったことは、記憶に新しいと思い
ますが、地震予知界では知らない人はいない!とまでいわれてい
る東京大学名誉教授の村井俊治名誉教授が事前に予測していたと
いうのです!
 そんな地震予知情報知らなかったよ?村井氏の最新情報ってど
こで手に入るの?と思われたかもしれませんが、村井さんが顧問
を務める地震科学探査機構(JESEA)という団体が、216
円/月でメールマガジン(メルマガ)という形で情報を有料発信し
ているのです。
 実はこのメルマガの中で、村井さんは2015年11月の鹿児
島薩摩半島沖でのM7・0大地震を予測していたのです。実際に
は、鹿児島周辺地域が地震の要注意地震発生地帯ということで、
薩摩半島から大隈半島に地面の沈降が確認されたことで、しばら
く警戒が必要という風にアナウンスしていたわけです。
                   http://bit.ly/1Nv6oWA
─────────────────────────────
 311が人工地震であると疑う人は、この南九州地震について
も人工地震であり、失敗であったというのです。南九州で人工地
震を起こし、川内原発が放射漏れを起こすというシナリオを実行
しようとしたテロであるというのです。
 それに偶然の一致でしょうが、この日も今回の熊本地震と同じ
14日であり、震源の深さは10キロなのです。何らかの寡頭勢
力が執拗に九州で人工地震を起こそうとしているのでしょうか。
 ちなみに、熊本地震の発生時刻と同時刻に関東でも地震があっ
たのですが、これは同時に関東と南九州で人工地震を起こす計画
があり、関東の方は失敗したと主張している人もいます。これに
ついて地震関係者は関東の地震と熊本地震は無関係であるといっ
ています。     ────[現代は陰謀論の時代/073]

≪画像および関連情報≫
 ●「九州南部大地震計画」を取り上げているサイトの記事
  ───────────────────────────
   やっぱり、「九州南部大地震」計画、実際にあったようで
  すね。そして、見事、失敗した。悪魔の邪悪な計略を天は喜
  ばない。今後も、間抜けな失敗は続きます。
   日本を守る八百万の神(つまり、我々のご先祖さま)は、全
  力で邪神と戦っている。私RKも、わが祖先にして長篠の戦
  で討死した武将、長沢主膳正正(ただまさ)の支援を得て、
  戦います。2015/11/16
   私ではありませんがうちの会社で、九電の仕事をやってる
  部隊があります。発電所や変電所の伝送工事やってるんです
  が、10月に入れてた工事が九州全域すべて作業停止食らっ
  たと言っていました。理由は川内原発の再稼働のためといわ
  れたようですが、なんでこっちが関係あるのかわからないよ
  うな感じでした。本人たちは電力の発電グループのほうが発
  言力が強いからとかで納得していました。終わってみれば人
  工地震テロの為に工作か何かしてたんでしょうね。九州中の
  原発、変電所なんかに工事で入ると、変なものを目撃されて
  困るという理由だったのかな。少しマメに話しながら、変な
  工事にストップがかかったときは、コメントあげるようにし
  ます。              http://bit.ly/20MtTSH
  ───────────────────────────

2015年11月/南九州地震の情報.jpg
2015年11月/南九州地震の情報
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

●「同じミスを繰り返す気象庁の重罪」(EJ第4261号)

 4月14日に発生した熊本地震は、18日現在、いまだに収束
していないどころか、かえって被害はどんどん拡大しています。
この地震の原因が自然地震であるのか、人工地震であるのかの論
議はひとまずおくとして、いまだに収束していない原因について
考えてみることにします。
 熊本地震による混乱の最大の原因は、政府と気象庁の対応にあ
るといえます。政府は、311のときの民主党政権の対応を意識
して、当初2千人規模であった自衛隊を10倍以上の2万5千人
規模に拡大し、食料90万食を17日中に被災地に届けると約束
するなど、その迅速対応を自画自賛していますが、当の被災地で
は、必要物資の不足が深刻さを増しています。政府は初期判断を
間違えており、すべてが空回りをしているに見えます。
 政府対応の遅れの何よりもの証拠は、18日午後9時現在、激
甚災害指定の閣議決定が行われていないことです。熊本県は地震
の起きた14日の時点で、激甚災害の早期指定を求めていたので
す。災害に対する対応が最悪といわれた菅政権ですら、東日本大
震災の翌日に激甚災害指定の閣議決定を下しています。
 どうやら官邸と熊本県は最初の時点から、ギクシャクしていた
ようです。地震の起きた14日に官邸が熊本県に対して行った指
示は、「全避難者を屋内に避難させよ」だったのです。テレビで
避難者が屋内ではなく、外に避難していたのを見て政府は「これ
はまずい」と考えたのでしょう。
 しかし、これに対して熊本県側は猛反発したのです。「避難場
所がなくて外に出ているのではなく、余震が怖いので、外に出て
いる」とし、現場の気持ちがまるでわかっていない官邸を批判し
たのです。もちろん今回は行政側の対応にも多くの問題はありま
すが、最初のうち官邸も、事態をかなり甘く見ていたといわざる
を得ないのです。
 もひとつ安倍政権は、防災に対して意識が低すぎるといわれて
も仕方がないのです。それは、防災担当相が国家公安委員長の兼
務であることです。現在、安倍政権で防災を担う大臣は、いずれ
も経験のない新人閣僚2人です。
─────────────────────────────
   丸川珠代内閣府特命担当大臣(原子力防災担当)
   河野太郎内閣府特命担当大臣(防災)
─────────────────────────────
 丸川大臣と河野大臣──今回の熊本地震では、担当相であるの
にまるで影が薄いです。もっとも丸川大臣は、川内原発の停止問
題について、次の発言をしています。
─────────────────────────────
 川内原発の敷地内で観測された地震動が自動停止させる基準
 値を下回っており、現在のところ、原子力規制委員会は停止
 させる必要はないとしている。 ──丸川原子力防災担当相
─────────────────────────────
 しかし、熊本地震の震源地から相当離れている川内原発の敷地
内でも、震度4は頻発しており、丸川大臣の言葉には説得力がま
るでないといえます。失礼ながら、この人に任せておいて大丈夫
なのか不安になるばかりです。
 河野防災担当相は、記者会見もほとんどなく、防災担当相とし
て何をしているのかさっぱり見えてきません。もっとも河野大臣
は、防災担当相のほかに国家公安委員長、規制改革担当相、消費
者および食品安全担当相も兼務しており、新閣僚で経験もないし
防災担当相として何をしてよいかわからないはずです。安倍政権
の防災に関する意識はこの程度のものです。
 今回の熊本地震で一番醜態を曝したのは気象庁です。気象庁は
14日夜に熊本県益城町で発生したM6・5の地震を「本震」と
いったのです。そうすると、何も知らない国民は、その後余震は
続くが、余震は本震よりも震度は低いし、家に戻っても大丈夫と
判断したと思います。
 しかし、その気象庁の発表を信じて家に戻った人のかなりの人
が、16日未明に発生したM7・3の大地震による家の倒壊など
で亡くなっているのです。これは気象庁と行政に重大な責任があ
ると思います。
 そうすると、気象庁は16日未明の地震を「本震」とし、14
日の地震のことを「前震」といい換えたのです。いや、前震とい
う前に、「ふたご地震」や「群発地震」と言葉を使って説明した
うえでです。そして、次のように開き直ったのです。
─────────────────────────────
 ある地震が起きたとき、さらに大きな地震が起きるかどうかを
予測するのは難しい。データの残る1885年以降、M6・5程
度の地震が起きた後に、さらに大きな地震が発生した例は一度も
ない。              ──16日の気象庁の会見
─────────────────────────────
 しかし、これはおかしいです。東日本大震災において、3月9
日に宮城県で起きたM7・3の前震を本震としてとらえ、11日
のM9・0の本震と見誤った前科があるからです。つまり、同じ
ミスを連続して冒しているのです。「過去に一度もない」が聞い
てあきれます。
 M6・5とM7・3──わがかの差に見えますが、M7・3の
エネルギーの大きさは、阪神・淡路大震災と同じレベルであり、
M6・5の16倍に相当するのです。ちょっと間違ったというレ
ベルのミスではない深刻なミスです。
 毎日のように、元気象庁長官や地震学者がテレビに出て後ずけ
の解説をしていますが、視聴者の知りたいことは今後どうなるの
か、地震はいつ収まるのかというこれから先のことです。
 しかし、彼らは「今後のことはわからない」というばかりで、
答えようとしない。それでいて「予知できる」という人の意見を
封殺することはすこぶる熱心です。彼らに取って予知できるとい
う人は敵であり、潰しておかなければならないからです。
          ────[現代は陰謀論の時代/074]

≪画像および関連情報≫
 ●気象庁は同じミスを冒している/311の前兆地震
  ───────────────────────────
   2011年3月11日の本震発生までの最後の2日間は、
  近付く速度がそれ以前の6倍になった。巨大地震の発生メカ
  ニズム解明に向けた手がかりとなりそうだ。22日から千葉
  市で始まる日本地球惑星科学連合大会で発表する。加藤助教
  は海側のプレート(岩板)が陸側に沈み込む境界で起きた本
  震までの一連の地震を解析した。その結果、宮城県沖の震源
  の北北東約50キロで2月16日にM5・5の地震が発生。
  その後、3月上旬にかけてM2〜4程度の約80回の地震が
  日本海溝と並行に南西方向へ進むように起きたことが分かっ
  た。さらに延長線上で3月9日にM7・3の地震が発生し、
  本震発生までの51時間に、約250回の地震が本震の震源
  に近付くように起きた。
   これらの地震の震源が移動する速さを算出したところ、判
  明しただけで3月9日までは1日1・6キロだったのに対し
  最後の51時間では同10キロと大幅に速まっていた。
   過去10年の宮城県沖の地震活動では一定方向に進む今回
  と同様な現象はみられず、加藤助教は「前兆かは断言できな
  いが、特異な活動であったことは間違いない」と話す。
   名古屋大の山岡耕春教授(地震学)は「本震に向けて地震
  活動が進んでいたことを見付けた価値ある成果だ。後から見
  れば玉突きするような前震を伴っていたと分かった地震は、
  内陸の活断層でもあった。現状ではまだ難しいが、応用して
  予測につなげたい」と話す。    http://bit.ly/1VxEdyI
  ───────────────────────────

2人の防災担当大臣.jpg
2人の防災担当大臣
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

●「熊本地震は東へと移動する可能性」(EJ第4262号)

 普通の人であれば、熊本地震のような大地震が起きると、近く
に原発があれば、原発のことを心配します。まして日本では、東
日本大震災で福島第一原発の深刻な事故があったからです。九州
には玄海原発と川内原発の2つがあり、そのうち川内原発は、現
在日本で唯一稼働している原発なのです。当然誰でも「九州の原
発は大丈夫なのか」と心配になるはずです。
 熊本地震を報じた英国BBCなどの海外のメディアは、必ず被
災地の状況と原発のことをセットで伝えています。しかし、日本
のメディアはNHKに代表されるように、地震や被災地の様子は
報じても原発にはほとんど触れません。テレビ各局は1日中熊本
地震の特番を組んでいるのに、キャスターも地震の専門家も、原
発のことには触れず、ただ「川内原発に異常なし」のテロップが
流れるだけです。まさに異様な風景であるといえます。
 これは「選挙に影響するいかなる不公平な報道は許さない」と
いう政府の報道規制ともとれる牽制と関係があると思います。何
しろ総務相が「電波を止める」とまでいっているのです。報道機
関はそれに屈して、政府の政策に批判的なキャスターを外し、政
府の嫌がることはあえて忖度して報道しなくなっているのです。
政府としては、せっかく再稼働させた原発を止めたくはないので
しょう。既に日本のメディアは死んでいます。
 原発の安否を伝える海外メディアのニュースをネットで調べて
みたのですが、削除されたのか、いずれも原発に関する部分はな
く、次のような新聞記事(どこの新聞社か不明)が見つかったの
で、ご紹介します。
─────────────────────────────
 地震を、海外主要メディアも現地の被害を物語る写真とともに
伝えた。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の記憶から、
益城町の南西にある九州電力川内原発への影響や、津波の有無に
関心が集中。「強烈な地震が九州を襲った」と報じた米紙ニュー
ヨーク・タイムズは、川内原発が、日本で唯一稼働中の原発であ
ることを指摘。現時点で原発のトラブルは起きていない点を強調
した。米CNNは「救いだったのは津波が発生しなかったこと」
とし、日本が東日本大震災の津波で大きな被害を受けたと紹介。
英BBC放送は電子版で、倒壊した家屋や棚が倒れたオフィスな
ど多くの写真を掲載した。       http://bit.ly/1U3Ic48
─────────────────────────────
 ツイッターで「川内原発は大丈夫か」と発信したところ、「震
源地と距離が離れているじゃないか、バカ!」とリプライがきま
した。原発に関するツイートを発信すると、こういうリアクショ
ンがよくあるのです。おそらく原発には触れて欲しくない勢力が
存在するようです。
 しかし、川内原発は地震の引き金になったとみられる「日奈久
断層帯」の南西方向に位置しているのです。原発施設内でもM4
以上の地震が頻発しているのです。何しろ、テレビで地面が大き
く隆起したり、道路に亀裂が入ったり、橋が落ちたりしているを
目にしているので、それが稼働中の原発施設で起きたらどうなる
のだろうと思ってしまうのです。
 14日の震度7にはじまった地震活動は、熊本市周辺の「日奈
久断層帯」が動き、発生しています。それが近くにある「布田川
断層帯」に飛び火して、16日の地震が起きたのです。これが本
震であり、阿蘇地方に大きな被害をもたらしたのです。土砂が崩
れて、多くの人が生き埋めになっています。
 さらに地震は、北東部に100キロ離れている大分県中部にあ
る「別府─万年山断層帯」まで拡大しつつあるようです。別府で
も地震が頻発しているからです。もし、そうなったとすると、そ
の北東には四国電力伊方原発(愛媛県)があるのです。当然原発
に地震が直撃しても不思議ではないのです。
 どうやら、地震は北上連鎖しているようです。川内原発からは
離れつつありますが、別府の北東には関東まで続く日本最長の活
断層「中央構造線断層帯」が連なっているのです。したがって、
もし、大分県でM7クラスの地震が発生すると、中央構造線に飛
び火する可能性があるのです。
 これに関して心配されることは、トルコの「コジャエリ地震」
のケースです。この地震は、1939年にトルコの東西に走る全
長100キロの「北アナトリア断層」の東端で大地震が発生し、
M7〜8の大地震を繰り返しながら、約60年間かけて、西端の
コジャリエまで移動し、4万5000人の死者を出した大地震の
ことです。
 これに関して、国立研究開発法人・産業技術総合研究所「活断
層・火山研究部門」の吾妻崇氏は次のように述べています。
─────────────────────────────
 北アナトリア断層と日本の中央構造線はほぼ同じ長さです。今
後、熊本地震がどれくらいのスパンをかけて、どちらの方向に連
鎖するのかは分かりません。ただ、すでに異例の広域連鎖が発生
しているわけですから、予断を持つべきではないと思います。
                       ──吾妻崇氏
       2016年4月18日発行「日刊ゲンダイ」より
─────────────────────────────
 恐ろしい話ですが、これに似た地震が日本でも起きているので
す。1596年9月1日(文禄5年)、別府湾で島が沈むほどの
地震が起きたのです。「慶長豊後地震」と名付けられています。
それから5日の間に、四国の西部から東部、淡路島、兵庫や京都
で次々と地震が発生したのです。四国では、断層に地震が起きた
痕跡が残っており、京都で発生したものについては、「慶長伏見
地震」と呼ばれています。
 吾妻崇氏は、今回の地震は異常であり、「コジャエリ地震」の
こともあるので、最悪のシナリオとして、愛媛、京都、三重へと
北上連鎖する可能性もあると警告しています。場所が慶長豊後地
震と同じ別府であることも気になります。
          ────[現代は陰謀論の時代/075]

≪画像および関連情報≫
 ●慶長豊後地震──「海に沈んだ島」/郡司嘉宣氏
  ───────────────────────────
   かつて大分県の別府湾に瓜生(うりゅう)島という島があ
  り、1596(慶長元)年9月4日に豊後国を襲った慶長豊
  後地震の大きな揺れと、その直後に襲ってきた津波で海底に
  沈んでしまったという伝説がある。
   約260年後の1857(安政4)年に書き記された「豊
  陽古事談」という文献には、「瓜生島の地図」が掲載されて
  いる。それによると東西36丁(約3・9キロ)、南北21
  丁(約2・3キロ)の堂々たる大きさだったようだ。
   実は瓜生島は、慶長豊後地震当時の文献にはもっぱら「沖
  ノ浜」と記録されている。大分市にあった府内城(大分城)
  の北側沖合で、外港の役目を果たし、国際的な港としても機
  能。中国や朝鮮、西洋の宣教師が、しばしば立ち寄ったとい
  う。そんな宣教師の一人、イエズス会のルイス・フロイスは
  「大分城から約3マイル(約5キロ)の場所に、オキノファ
  マと呼ばれる寄港地があり、非常に多くの船隊が停泊してい
  た」と、繁栄ぶりを書き留めている。
   繁栄した港が本土から渡船でしか行けない海上の島とは考
  えにくい。また、大分城から沖ノ浜までの距離は当然、連続
  した陸路と考えるのが自然だ。さらに、中国・明王朝の使者
  鄭舜功は慶長豊後地震の40年前に豊後国を訪ねたときのこ
  とを、「沖ノ浜から馬に乗って大分城に移動し、豊後の支配
  者である大友氏と面会した」と記している。
                   http://bit.ly/1TgluUp
  ───────────────────────────

九州の主な活断層.jpg
九州の主な活断層
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

●「熊本地震と動きは予知されている」(EJ第4263号)

 熊本地震は、まだ震度5クラスの地震が収まらず、その規模は
拡大しつつあります。震度5というと、311のさい、関東地方
でも発生しており、私自身も体感しています。立っていられない
ほどのかなり大きな揺れです。
 既に熊本市では、14日夜から19日夜までに、震度4以上の
地震が88回も起きています。これでは人々は、不安で日常的な
行動を何もできなくなります。
 それは、この先どうなるのかという予測がまるでつかないから
です。気象庁にしても、地震学者にしても、起こった地震の後づ
けの解説──横ずれであるとか、縦ずれであるとかという類の解
説をするだけで、肝心の今後どうなるかについては、「わからな
い。現在の技術レベルでは予知は困難である。身を守る努力をし
て欲しい」の一点張りです。
 つまり、先のことは読めない、何もいえない──すなわち、予
知や予測は不可能であるというのです。地震の動きは自然現象で
あって、その予測は困難であるというのです。日本の地震学では
それが常識になっているようです。しかし、それでは、気象庁に
しても、地震学者にしても、専門家としては、あまりにもお粗末
ではないでしょうか。
 地震大国の日本における地震の研究は、どのくらい前からはじ
められたかについて調べてみたのですが、地震の研究は124年
もかけて行われてきているのです。
 日本は最も詳細な地震の記録が現存している国です。明治25
年(1892年)に、濃尾地震を契機として、震災予防調査会が
組織されています。そして、1893年から関谷清景らにより調
査研究がスタートしています。この震災予防調査会を起点とする
と、既に124年が経過しています。
 124年もかけて研究しながら、日本の地震学は「地震の予知
はできない」というレベルです。現在九州で頻発する地震が今後
どうなるかについてさえ、明確に予測できないレベルであるとい
うことになります。まさに、いつ地震が収まるかは神のみぞ知る
ということになります。
 その一方で、「地震は予知できる」と主張する地震学者や研究
家もたくさんいるのです。しかし、それらの学者や研究家は、一
般論ではあるものの、地震学会からはうとまれ、研究資金にも恵
まれない状況に置かれている人がほとんどです。
 この「地震は予知できる」と主張する学者や研究者については
既にEJでは次の3人をご紹介しています。
─────────────────────────────
           1.森谷武男氏
           2.早川正士氏
           3.村井俊治氏
─────────────────────────────
 このうち、早川正士氏と村井俊治氏の2人は、今回の熊本地震
について事前に予知し、ほぼ的中させているのです。しかし、い
わゆる地震学会というか、地震が起きるとよくテレビに出演し、
解説する気象庁や正規の地震学者には相手にされないどころか、
研究の妨害すらされているのです。
 早川正士電気通信大学名誉教授は、地震が起きる約1週間前に
前兆現象として起きる地殻のヒビ割れに注目し、このヒビが発生
させる電磁波が地球上空の電離層に与える影響を分析し、地震の
発生場所と地域を予測するのです。
 今回の熊本地震について早川氏は、インターネット上の地震予
測情報サービス「地震解析ラボ」において、事前に次のように予
測をしていたのです。
─────────────────────────────
 4月8日から19日の間に、伊予灘から日向灘にかけて、内
 陸で、M5・0前後、海底で5・5前後、最大震度4程度の
 地震がおきる。──2016年4月15日付、日刊ゲンダイ
─────────────────────────────
 地震は14日に起きており、的中したのですが、実際に起きた
地震と比べると、震源はやや西にそれています。これは、早川氏
にいわせると、震源の深さを50キロ程度と予測していたので、
ここまで揺れるとは考えていなかったということです。
 これに対して村井氏は、東大名誉教授ですが、地震学者ではな
く、地表の位置関係を測定する測量工学の権威です。その彼が注
目しているのは人工衛星で観測される地殻の動きです。村井氏は
地震予測の新たな可能性として、GPSを使った測量に使用する
全国に1300ヶ所にある電子基準点(固定GPS局)のデータ
で、地震を予測する方法を発見したのです。この方法で、村井氏
は2014年1月からの地震で、震度5以上の地震11回のうち
9回の予測を的中させています。
 村井氏は、九州と四国の間の伊予灘と日向灘に注目し、次のよ
うに述べていたのです。
─────────────────────────────
 東日本大震災の2日前には三陸沖を震源とする震度5弱があっ
た。今後日向灘周辺で震度4ないし5の地震が起きたら、それが
引き金になって、南海地震を引き起こす可能性がある。
            ──村井俊治氏 http://bit.ly/NgwgMB
─────────────────────────────
 現在、熊本地震は14日夜の地震が大分県中部にある「別府─
万年山断層帯」まで拡大しつつあります。別府でも地震が起きて
います。別府と日向灘はすぐ近くであり、村井氏のいう状況にな
りつつあります。慶長豊後地震と同じ動きです。
 つまり、早川氏は今回の熊本地震を事前に予測し、村井氏は、
その地震のその後の動きを予測したことになります。しかし、村
井氏の予測では、今後地震は南海地震に発展する可能性があるこ
とを示唆しています。そうなってはほしくないものの、いまだに
地震が終息していないだけに、今後の地震の動きを注視する必要
があります。    ────[現代は陰謀論の時代/076]

≪画像および関連情報≫
 ●台湾「地震予測研究所」/熊本地震予報が「的中」?
  ───────────────────────────
   2016年4月14日夜に熊本県で起きた「平成28年熊
  本地震」は、最大震度7、マグニチュード6・5を記録し、
  発生から12時間で震度4以上の余震が20回も発生してい
  る。ここでにわかに夕刊紙などで注目が集まっているのが、
  地震発生を相次いで「的中」させているとされる台湾のブロ
  グ「地震予測研究所」だ。今回の地震についても、4月9日
  に「3日以内に南日本か台湾でM6・3の地震が起きる」と
  予報したばかり。このブログは毎日のように予報を発表して
  おり、日本が対象になっているものも多い。
   「地震予測研究所」のブログやウェブサイトによると、同
  研究所が活動を始めたのは2008年5月。台湾の各地や上
  海に観測計を設置して電磁波を測定し、過去に発生した地震
  が起こる前に観測された電磁波のパターン(波形)と比較し
  発生を「予報」していると説明している。
   「研究所」の実態は明らかではないが、代表の林湧森氏は
  過去に台湾のテレビに出演し、予報の方法について解説した
  こともある。すでに16年だけで、「的中」「ニアピン」が
  指摘されているパターンも多い。  http://bit.ly/1YFZm7j
  ───────────────────────────

日向灘と南海地震.jpg
日向灘と南海地震
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

●「都合の悪いことは伝えぬ安倍政権」(EJ第4264号)

 地震が起きると必ず示されるのは、M(マグニチュード)と震
度です。同じような数字が示されるので、ゴッチャにしている人
がいます。熊本地震の修正後の正確なデータを以下に示しておく
ことにします。
─────────────────────────────
    ◎第1の地震(前震)
     2016年4月14日、午後9時26分
     マグニチュード6・5/最大震度7
     熊本県益城町/西原町
    ◎第2の地震(本震)
     2016年4月16日、午前1時25分
     マグニチュード7・3/最大震度7
     熊本県益城町/西原町
─────────────────────────────
 「M/マグニチュード」というのは、地震そのものの大きさを
あらわしています。一方「震度」は、ある大きさの地震が起きた
ときのわれわれの生活している場所における「揺れ」をあらわし
ています。震源からの距離によって揺れは異なります。震源に近
いと地面は大きく揺れ、離れていると小さく揺れます。
 したがって、マグニチュードの小さい地震でも震源地からの距
離によって震度は大きく異なるのです。それに、マグニチュード
は「1」増えると、地震のエネルギーは「32倍」になります。
つまり、マグニチュード7の地震は、マグニチュード6の地震の
32個分のエネルギーを持っていることになります。
 こうなってくると、心配になるのは川内原発と玄海原発、そし
て伊方原発です。
 当初テレビ、新聞などの表のメディアは、原発に関するニュー
スに関しては、ほとんど報道しなかったのです。安倍政権として
は、いったん再稼働した川内原発は停止したくないことは明確で
メディアはそういう政府の意向を忖度して、報道を控えているの
ではないかと考えられます。これは日本のメディアの大きな問題
であると思います。
 ところで、現在、ネット上で話題になっているのは、19日に
台湾の「地震予測研究所」による次の予測です。この研究所は、
14日の熊本地震を的中させていることで有名です。(4月21
日付のEJ第4263号の「画像および関連情報」参照)
─────────────────────────────
 3日以内(19日から3日以内)に北九州市でマグニチュード
8+強震!          ──4月21日発行/夕刊フジ
─────────────────────────────
 これに対してNHKの「生活防災ツイッター」は、20日、次
のように反論しています。
─────────────────────────────
 「『22日にすごい地震が起きる』、『北九州にM8の地震が
来る』のは本当ですか?」といった質問が増えています。現代の
科学では、時間や場所を具体的に特定する地震予知は確立されて
いません。日本はどの地域でも地震への備えが必要ですが、あや
ふやな情報にはくれぐれもご注意ください。
               ──4月21日発行/夕刊フジ
─────────────────────────────
 この予測が的中するとは思いませんが、一応一つの情報として
受け止め、指定された北九州では計画して備える必要があると思
います。的中しなければそれはそれで幸いと考えるべきです。
 さて、4月11日に、国連の表現の自由調査官、デビット・ケ
イ氏(米カルフォルニア大学アーバイン校教授)が来日したので
す。そのことを多くの日本人は知らないと思います。なぜなら、
メディアがほとんど報道しないからです。
 来日の3日後に熊本で地震が起きています。安倍首相をはじめ
調査対象になっている菅官房長官、高市総務大臣は、国会会期中
だったことと、震災対応を理由に一度もケイ調査官に会うことは
なかったといいます。彼らにとっては、もっとも会いたくない人
物だったからでしょう。したがって、ケイ調査官に対する日本の
対応は冷たいものであったと思います。
 デビット・ケイ氏は、日本における「表現の自由」を調査する
ため、国連人権理事会から「特別報告者」に任命されています。
そのため、国連は、2015年12月1日から8日の予定での来
日を外務省に申し入れてきたのです。
 ところが安倍政権としては、実際に行っている事実上の言論弾
圧、報道機関への圧力についての調査なので、会いたくなかった
のです。この政権は自分たちに都合の悪いことは逃げるという性
格を持っているので、外務省は予算編成をやっており、受け入れ
体制が整わないという理由で断ってしまったのです。しかも、来
日は来年の秋以降にして欲しいと国連に要請したのです。
 日本のこの対応について「日本は国連の調査を妨害するのか」
という批判が世界中で起きたのです。国連側は、安倍政権が「参
院選前に調査は受けたくない」という意向があると判断し、日本
が最も嫌がる参院選前のスケジュールに前倒ししたのです。その
ため政府側の対応が冷たかったわけです。
 情けないのは、メディアがケイ氏の会見をほとんど報道しない
ことです。政府の嫌がることはやらないのです。ケイ自由調査官
の会見を取材したジャーナリスト志葉玲氏のコメントです。
─────────────────────────────
 ケイ氏が予定を前倒しして来日したのは、日本のメディアの危
機的現状を強く危惧しているからでしょう。どうしても参院選前
に調査したかったのだと思います。(中略)安倍政権になってか
らのメディア規制はひど過ぎます。ケイ氏から逃げ回り、説明責
任を果たさなかった高市総務相はサイテーだと思いました。
              ──4月20日付、日刊ゲンダイ
─────────────────────────────
          ────[現代は陰謀論の時代/077]

≪画像および関連情報≫
 ●国連・表現の自由調査官「タカイチ大臣に会いたかった」
  ───────────────────────────
   「確固たる目的があって来日した」と語る調査官は、日本
  の言論状況をよく調べていた。わずか1週間の滞在でよくこ
  こまで把握したものだ。国連・表現の自由調査官のデビッド
  ・ケイ氏(国際人権法学者)が、きょう、日本外国特派員協
  会(FCCJ)で記者会見を開いた。11日に来日したケイ
  調査官は滞在中、ジャーナリスト、市民団体、政府関係者な
  どから精力的にヒアリングした。
   「安倍政権のメディア支配」「記者クラブ問題」「高市発
  言」をはじめ、「フリージャーナリストのパスポート没収事
  件」・・・調査官は記者会見で言論後進国である日本の問題
  点を斬りまくった。
   最も時間を割いて強調したのは「高市発言」と「記者クラ
  ブ問題」だった。ケイ氏は(政権の意向に沿わない)テレビ
  局の停波にまで言及した高市発言を政府機関から確認した、
  という。そのうえで「停波できると放送法に書かれているこ
  と自体が問題。政府の規制はあってはならない」とした。
   さらに「政治的公平性を謳う放送法第4条を取り消せ」と
  踏み込んだ。「我々は何度もタカイチ大臣に会いたいと申し
  入れたが、国会会期中であることを理由に断られた」。言論
  の自由調査官は悔しさを滲ませた。
                   http://bit.ly/1YI96Ok
  ───────────────────────────

デビット・ケイ国連表現の自由調査官.jpg
デビット・ケイ国連表現の自由調査官
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

●「悪化する報道の自由度ランキング」(EJ第4265号)

 国際NGO「国境なき記者団」の「報道の自由ランキング」は
民主主義のレベルを図る重要な指標であると思います。時の政権
が、どのくらい自分たちにとって都合の悪いことを隠す政権であ
るかがわかるからです。このことは陰謀論とも関係してくるので
民主党政権と安倍政権を比較してみます。2009年〜2016
年までの日本の報道の自由ランキングは次の通りです。
─────────────────────────────
         民主党政権        自民党政権
  2009年 ・・ 29位 2013年 ・・ 53位
  2010年 ・・ 17位 2014年 ・・ 59位
  2011年 ・・ 11位 2015年 ・・ 61位
  2012年 ・・ 22位 2016年 ・・ 72位
─────────────────────────────
 報道の自由ランキングにおける日本の最高位は11位、民主党
の菅政権の時代(2011年)ですが、実質的にはその前の内閣
である鳩山政権の功績であるといえます。
 民主党政権は、公約に掲げたことと反対のことをやるなど最悪
の政権運営をした政権ですが、鳩山政権と菅、野田政権は分けて
考える必要があります。鳩山政権は、事実上の鳩山/小沢政権で
あるといえます。もし、鳩山氏が党内の反対を押し切って小沢氏
を副総理にでも任命していれば、大きく事情が変わったでしょう
が、鳩山氏にはそれを断行する力がなかったのです。このとき米
国はこの政権を非常に警戒していたのです。
 もともと民主党は、公務員制度改革、子ども手当、農業者戸別
所得補償制度、記者クラブ制度の廃止、消費税増税は実施しない
などの政策を掲げて自民党から政権交代したのです。
 しかし、民主党政権は公約である肝心の公務員制度改革にはほ
とんど手をつけず、子ども手当は財源がないとして減額、農業者
を裏切るTPPへの参加表明、さらにこともあろうに自民・公明
両党と組んで消費税率を5%に引き上げる「社会保障の税の一体
改革」を実施するなど、ことごとく国民を裏切ったのです。
 これに関して鳩山政権時には、記者クラブ制度廃止に向けて記
者会見へのメディア規制を外すなど、報道の自由へ向けていろい
ろ手を打っています。日本が2011年に報道の自由ランキング
で11位になったのはそのためです。しかし、その後の菅、野田
政権はそのためにとくに何もしていないのです。そのため、野田
政権時には順位は11ポイント下がって22位になっています。
 それでは、G7における報道の自由ランキングでの日本の順位
はどうなっているでしょうか。2016年の順位は、次のように
なっています。興味深いことに、いずれの国もあまりよくなく、
日本の順位はG7中第6位です。
─────────────────────────────
  ◎G7における報道の自由ランキング/2016年度
         16位 ・・・  ドイツ(12位)
         18位 ・・・  カナダ( 8位)
         38位 ・・・   英国(34位)
         41位 ・・・   米国(49位)
         45位 ・・・ フランス(38位)
         72位 ・・・   日本(61位)
         77位 ・・・ イタリア(73位)
                 ()内は前年度順位
─────────────────────────────
 それにしても安倍政権になってからの順位は非常に悪く、民主
党政権を引き継いだ2013年度は、22位から31ポイント下
がって53位、その後も順位を下げ、2016年度は19ポイン
ト下がって72位になっています。
 また、安倍政権には前科があるのです。2006年に政権を小
泉内閣から引き継いだ第1次の安倍政権では、2007年に順位
を37位から51位に下げているのです。メディアに働きかけて
報道を規制することを何とも思っていないことがこれでわかると
思います。安倍政権のメディア規制に関して、調査のため来日し
たデビット・ケイ国連表現の自由調査官は、記者会見の質問で次
のように答えています。
─────────────────────────────
 ─―メディアの自由についてどこから圧力があるのか。原因は
どこか。
 比較するような形で答えることはできませんが、圧力というも
のは大きく分けて2つの要素があります。歴史的に日本のメディ
ア界は記者クラブ制度が存在し、組織的、構造的に特定の会社を
中心に構成されています。政府と距離が近い社会的なネットワー
クに所属することは抵抗が難しいソフトな圧力になっています。
さらに放送法の問題。私がこの視察で学んだことの一つは、放送
法が最初にできたとき、1950年代に独立した規制機関があっ
たが、廃止された歴史があるということでした。歴史的な背景を
見ると、独立した規制機関が存在しないのが一つの原因ではない
かと思います。
 ──匿名を要求したジャーナリストがいたという。政府の怒り
を買うようなテーマに圧力がかかるとはどういうテーマか。高市
早苗総務相とは話したか。
 高市氏には何度も面会を申し入れましたが、国会会期中を理由
に会えませんでした。時間は短くとも何度も機会はありました。
我々の結論として、高市氏の発言は放送法4条について「停波の
可能性」という、政府の権利があることを確認したということで
す。こうした話に特段の驚きはありません。フリーランスのキャ
スターがテレビで政府要人に厳しいコメントを発したら、有名な
番組から降板したという話も聞きました。多くの面会者と話をし
ましたが、彼らは「具体的にどうしてやめたのかはわからない」
と言っていました。          http://bit.ly/22Vuhh1
─────────────────────────────
          ────[現代は陰謀論の時代/078]

≪画像および関連情報≫
 ●報道の自由、世界で低下 日本72位に後退
  ───────────────────────────
  【4月20日AFP】(更新)仏パリに本部を置く国際ジャ
  ーナリスト組織「国境なき記者団」は20日、2015年の
  世界での報道の自由に関する報告書を発表した。報道の自由
  は世界的に低下しており、とりわけ南米地域で損なわれたと
  している。
   RSFは、メディアの独立性や自己検閲、法の支配、透明
  性などを基準に世界180か国を評価する「世界報道の自由
  度ランキング」を発表。日本は、安倍晋三首相に迎合する自
  己検閲が行われているとの理由で、前年の61位から72位
  へと後退した。最下位はエリトリアで、その次に低い179
  位には北朝鮮がつけた。中国は176位、シリアは177位
  だった。一方で最も報道の自由度が高い国にはフィンランド
  が6年連続で選ばれ、オランダ、ノルウェーが以下に続いて
  いる。
   RSFのクリストフ・ドロワール事務局長はAFPの取材
  に対し、「われわれは、新技術により(当局が)自分たちの
  メッセージや情報を低コストで意のままに流布することが可
  能となる、新たなプロパガンダの時代に突入している。一方
  で、ジャーナリストがその障壁の役割を果たしている」と述
  べた。              http://bit.ly/23JGtqV
  ───────────────────────────

日本の報道の自由度ランキング.jpg
日本の報道の自由度ランキング
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

●「ロスチャイルド一族について知る」(EJ第4266号)

 このテーマも今回が79回であり、そろそろしめくくりをする
必要があります。実際にこの世界を動かしている寡頭勢力は誰な
のか探っていくことにします。といってもこれには諸説があって
究明するのは簡単な仕事ではないのです。
 こういう世界を動かす寡頭勢力といえば、誰でも思い付くのは
次の2つの種族です。
─────────────────────────────
         1.ロスチャイルド一族
         2.ロックフェラー一族
─────────────────────────────
 「1」のロスチャイルドから考えます。
 ロスチャイルドとは「赤い盾」という意味です。ユダヤ系ドイ
ツ人の一族ですが、英語、ドイツ語、フランス語でその呼び方は
次のように異なります。
─────────────────────────────
        英語 ・・・・ ロスチャイルド
      ドイツ語 ・・・・  ロートシルト
     フランス語 ・・・・    ロチルド
─────────────────────────────
 ロスチャイルドといえば、ワーテルローでの戦いのエピソード
が有名です。ワーテルローの戦いとは、1815年6月18日、
ベルギーのワーテルロー近郊においてイギリス・オランダをはじ
めとする連合軍およびプロイセン軍と、フランス皇帝ナポレオン
1世(ナポレオン・ボナパルト)率いるフランス軍との間で行わ
れた一連の戦闘のことです。
 この戦いでは、短期間でフランス軍が敗北し、ナポレオン最後
の戦争になったのです。この戦闘を利用して、当時の英国ロスチ
ャイルド家の当主、ネイサン・ロスチャイルドが大儲けをしたと
いう話が伝わっているのです。
─────────────────────────────
 イギリスは国債を発行することによって戦費を調達していまし
た。イギリスが負けることになれば、当然、イギリスの国債は大
暴落してしまいます。ある日、ネイサン・ロスチャイルドが青ざ
めた顔をして、急にイギリスの国債を売り始めました。ネイサン
が独自の情報ネットワークを持っていて、いち早く情報を入手で
きることは知られていましたので、それを見て投資家たちは、イ
ギリスが負けたのだと思い込み、英国債を我先にと売り始め、最
終的に大暴落しました。その裏でネイサンは秘密の代理人を使っ
て紙クズ同然となった英国債を買いまくっていたのです。
 翌日、イギリス勝利の情報とともに英国債は暴騰しました。し
かし、その時は、ネイサンがイギリス国債を大量に買い漁った後
だったのです。これにより、多くの投資家と、ほぼすべての名門
の家系が破産したのに対して、ネイサンは当時としては天文学的
な数字である約百万ポンドの利益を得、この日の儲けだけで財産
が二千五百倍に増えたと言われています。このことは後に「連合
軍はワーテルローの戦いに勝ったが、実際に勝ったのはロスチャ
イルドだった」という諺となつてヨーロッパに残っているそうで
す。              ──安部芳裕著/徳間書店刊
       「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」
   野口英明著『世界金融本当の正体』/株式会社サイゾー刊
─────────────────────────────
 マネー陰謀論を研究する会の野口英明氏によると、この逸話に
は相当事実を歪めて伝えているところがあるということですが、
ロスチャイルドが金融を操作して金儲けをすることに長けている
一族であることは確かなことです。
 初代は、マイアー・アムシェル・ロスチャイルドで、古銭商・
両替商から身を起こし、ヘッセン選帝侯ヴィルヘルム1世と結び
つき、銀行家として成功します。そして主要都市に銀行を設立し
5人の息子にまかせて運営し、大成功を収めたのです。
─────────────────────────────
     フランクフルト ・・ 長男/アムシェル
        ロンドン ・・ 三男/ ネイサン
          パリ ・・ 五男/ジェームズ
        ウィーン ・・ 二男/ ザロモン
         ナポリ ・・ 四男/  カール
─────────────────────────────
 その後、フランクフルト家、ウィーン家、ナポリ家は絶えたも
のの、ロンドン家とパリ家は現在まで残っており、銀行業を行っ
ています。
 現在ではファイブ・アローズ証券会長のジェイコブ・ロスチャ
イルド、ロンドン・ロスチャイルド銀行会長のイヴリン・ロスチ
ャイルド、ロスチャイルド・ヨーロッパ社長のデイヴィッド・ロ
スチャイルドが、ジョージ・ソロスやアラン・グリーンスパンら
と金融界を牛耳っているのです。主な活躍の場はヨーロッパです
が、その力は米国にも及んでいます。
 しかし、ロスチャイルド財閥の最盛期は何といっても19世紀
であり、そのときに比べれば、現在のロスチャイルド一族の経済
的地位は大きく低下していることを指摘する専門家もいます。
 確かに、ロスチャイルド家が戦後にある程度の復興を果たした
のは事実ですが、もはやかつてのように産業を支配する大銀行で
はなく、身の丈を縮め、M&Aへの助言と資産運用という2つの
業務に特化し、その限られた土俵のなかで存在感を示しているに
過ぎない状況になっています。
 その限られた土俵のなかでの競争ですら、ロスチャイルドは、
ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、モルガン・
スタンレー、バンクオブアメリカ・メリルリンチといった米国勢
に圧倒されている有様です。まして現在のロスチャイルド一族に
世界を支配する力などないといえます。名前だけがポピュラーに
なっており、一人歩きしている感があります。
          ────[現代は陰謀論の時代/079]

≪画像および関連情報≫
 ●ロスチャイルドとナチスドイツ
  ───────────────────────────
   ウィーンのユダヤ人大富豪、ロスチャイルド商会の当主ル
  イス・ロスチャイルドは、ナチスから逃れるためにオースト
  リアを脱出し、イタリアへ向かう飛行機に乗る予定だったが
  飛行場を固めていた親衛隊SSの将校に見つけられ、自宅へ
  帰るよう命ぜられた。ロスチャイルド邸に戻るとゲシュタポ
  がやってきたが、執事が「ご主人様は不在です」と告げると
  帰って行ってしまった。
   改めてナチスは翌日にものものしいグループで大邸宅を訪
  れたが、ルイス・ロスチャイルドが「昼食の間待ってくれ」
  と言うと、連中は何やら相談したあと「よし、食事をとれ」
  ということになった。それから豪勢な食事をゆっくりと味わ
  い、食後のタバコも欠かさず、心臓病の薬をのみ終えてから
  警察本部へ連行されていった。当時、ほかのユダヤ人が受け
  ていた辱めを考えると、まるで違う特別扱いを受けていたの
  がロスチャイルドであった。
   ルイス・ロスチャイルドが警察に連行され、地下の留置場
  に投げ込まれるとナチスの幹部は多少の自信を持ち始めた。
  やってみれば、できないことはない。あのロスチャイルドの
  当主を、遂にナチスが牢にぶちこんだのだ。ベルリンの総統
  室は勝利の声にあふれ、予想以上の戦利品を前にして、これ
  を大いに宣伝に利用することが衆議一決された。王者ロスチ
  ャイルドの屋敷に、「ユダヤ人移送本部」という恐ろしい看
  板を掲げたのである。       http://bit.ly/24cm3DI
  ───────────────────────────

ロスチャイルド家の紋章.jpg
ロスチャイルド家の紋章
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

●「ロックフェラー一族について知る」(EJ第4267号)

 世界を動かす寡頭勢力としてすぐ名前が浮かぶのが次の2つの
種族ですが、今日のEJでは「2」のロックフェラー一族につい
て考えることにします。
─────────────────────────────
         1.ロスチャイルド一族
         2.ロックフェラー一族 ←
─────────────────────────────
 ロックフェラー家といえば、デュポン家、メロン家と並ぶ米国
三大財閥のひとつです。ロックフェラー財閥は、石油産業を中心
に、鉱山、化学、銀行など多岐にわたる事業を展開している有力
財閥です。
 ロックフェラー家の事業を発展させる基盤を作ったのは、世界
最大の石油トラストを結成したジョン・D・ロックフェラーと、
世界でも有数の金融大手、シティグループの創業者の一人である
ジョンの弟のウィリアム・ロックフェラーの2人です。
 ジョンのスタンダード・オイル社の成功には、ロスチャイルド
財閥の支援があったのです。そのいきさつについて、「世界を操
る支配者達」のサイトから転載します。
─────────────────────────────
 ジョンのスタンダード石油がここまでシェアを拡大出来たのは
鉄道王ハリマン財閥の暗躍があったためと言われています。ハリ
マンが石油の輸送に使う鉄道の輸送費を、スタンダード石油だけ
他社よりも安くしたことで、ジョンの石油は他のどこよりも安く
売ることができ、それがシェア拡大へとつながったのです。
 ハリマン財閥は欧州ロスチャイルド傘下の銀行家です。ジョン
の石油シェア拡大の背後にはロスチャイルド家のバックアップが
あったのです。
 ところで、当時の石油は灯油を取り出した後は廃棄物として扱
われていたのですが、実はそれがガソリンとして普及し始めたの
が、この頃でした。1870年のヨーロッパではユダヤ系オース
トリア人のジークフリート・マルクスによって世界初のガソリン
自動車が発明され、それ以降、自動車の燃料は石炭からガソリン
へと急速に移行していきます。     http://bit.ly/1WOTdXW
─────────────────────────────
 ロックフェラーといえば、とりわけデイヴィッド・ロックフェ
ラーが有名です。デイヴィッドは、ジョン・D・ロックフェラー
2世の五男なのですが、相次ぐ兄達の急逝によって、ロックフェ
ラー家の当主となったのです。ここからロックフェラー家はロス
チャイルド家を凌ぐ勢いで、勢力を拡大していくのです。
 デイヴィッドは当主になると、凄い勢いで仕事をはじめます。
金融界ではロスチャイルド系のJP・モルガンをナショナル・シ
ティ・バンクが1955年に吸収し、シティ・バンクを発足させ
ロスチャイルド家を取り込みます。
 また同年、オルドリッチ家のチュース・ナショナル銀行とバン
ク・オブ・マンハッタンとが合併しチュース・マンハッタン銀行
になります。こうして米国の金融界はロックフェラー家に染め上
げられていくのです。
 また、ディヴィッドは日本とも縁が深いのです。オランダ王室
が主宰する「ビルダーバーグ会議」というものがあります。ロス
チャイルド家をはじめ、欧州貴族らも出席し、あらゆる国際事項
を決定していくので、「陰のサミット」ともいわれ、強い影響力
を持つ会議です。
 デイヴィッドはその会議に日本の参加を要請したのですが、オ
ランダ王室に断られてしまいます。すると、ズビグネフ・ブレジ
ンスキーに日本が加わる会議の創設を提案します。デイヴィッド
は日本の国際社会への影響力を見抜いていたのです。そして、宮
沢喜一、大来佐武郎らを招待した勉強会が開催され、翌年の19
73年10月に「三極委員会」が誕生したのです。
 しかし、こうしたロックフェラーの勢力拡大を快く思っていな
い勢力もあります。もちろんロスチャイルド家がその先鋒ですが
ロックフェラー家の中にもこのような人物がいます。それがジョ
ン・D・ロックフェラー3世の息子で、デイヴィッドの甥にあた
るジョン・D・ロックフェラー4世(通称ジェイ)です。
 確かに、ジェイはロックフェラー家の本家であり、デイヴィッ
ドは分家ということになります。そしてジェイのバックにはジェ
イコブ・ロスチャイルドがいるのです。しかし、ジェイは78歳
ですが、デイヴィッドは現在100歳。一時死亡説も流れました
が、6回の心臓移植手術を受けて現在でもなお元気です。ロック
フェラー家もこういうお家騒動をやるようでは、今後の発展には
厳しいものがあります。
 さて、ロックフェラー一族は、アングロサクソンの本流である
「キリスト教原理主義者(WASP)」とされていますが、これ
についてはいくつかの異論があります。ユダヤ史の研究家のステ
ファン・バーミンガム氏によると、ロックフェラー一族は「アシ
ュケナージ系ユダヤ人」であるといい、また、同じくユダヤ史研
究家のマルコム・スターン氏は、ロックフェラー一族を「隠れユ
ダヤ人」であると指摘しています。
 これについて、「大富豪ユダヤの行方」のサイトでは、「社会
的ワスプ」という表現を使っています。ロスチャイルドや米国の
シオニスト系財閥の事業とことごとく対立しているからです。
─────────────────────────────
 ロックフェラー財閥の創始者ジョン・D・ロックフェラーは、
南ドイツ出身のアメリカ移民で、ドイツ系非ユダヤ人のプロテス
タントといわれ、アメリカにおいて石油業から身を起こし、現在
米財界保守本流の中心的な財閥となっている。ワスプ/WASP
とは、アングロサクソン系白人新教徒(白人系アメリカ福音派)
であるが、彼は(人種的ではなく)”社会的な”ワスプとみなさ
れている。              http://bit.ly/26m6hs5
─────────────────────────────
          ────[現代は陰謀論の時代/080]

≪画像および関連情報≫
 ●『(デイヴィッド)ロックフェラー回顧録』/山本正氏
  ───────────────────────────
   『ロックフェラー回顧録』は、今年92歳を迎えたロック
  フェラー家の当主デイヴィッドと、三代にわたり20世紀の
  世界を動かしてきたロックフェラー一族からみたもう一つの
  世界史である。まことしやかな"ロックフェラー陰謀"説、あ
  まりにも重すぎる名と富を背負った一族の苦悶とその闘いの
  歴史、その富と力が世界の歴史をどう変えてきたか、息もつ
  かせず一気に最終章まで読者を惹きつける。
   筆者は、デイヴィッドとその家族、長兄のジョンに知己を
  得、長年にわたり親交を深める幸運を得た。初めて会ったの
  は、1972年、宮沢喜一氏、大来佐武郎氏等とともにロッ
  クフェラー邸での三極委員会設立準備会議の席だった。以来
  30年以上にわたり三極委員会はじめ筆者が主宰する(財)
  日本国際交流センターの活動についてもデイヴィッドは深い
  関心と支援を続けてくれている。
   ソニーの故盛田昭夫氏とデイヴィッドの対談を企画したり
  マンハッタンやニューヨーク郊外の屋敷や別荘に伺ったり、
  あるいはプライベートな旅行に同行するなど、親しくその人
  柄に触れる機会を持ってきた。穏やかでゆったりした語り口
  で周りに不思議な安心感を与える、その人となりに長年接し
  てきた筆者であるが、本書を通じて実に多くの事実をあらた
  めて知った。           http://bit.ly/1SXKgWf
  ───────────────────────────

デイヴィッドとジェイ.jpg
デイヴィッドとジェイ
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

●「イルミナティの奥の院/13種族」(EJ第4268号)

 ロスチャイルドとロックフェラーについて簡単に述べましたが
どちらの一族も、多くの分野の企業を支配下に置き、とくに金融
の世界には強い影響力を持っているものの、とても世界を支配す
るほどの力を持っているようには見えないのです。
 そもそもロスチャイルドとロックフェラーの関係は、どうなの
でしょうか、相互に協力しているようにも見えるし、対立してい
るような一面もあります。
 これについて、主として医学の分野から、この世界の秘密を究
明している内科医の内海聡氏は次のように述べています。
─────────────────────────────
 ロックフェラーとロスチャイルドではどちらが上なのか、両者
は争っているのではないかという話もよく出るが、これについて
は議論する余地もなくロスチャイルドが上である。多くの文献か
らも明らかだし、有志たちの言葉を借りても同じようなことがい
える。(一部略)
 イルミナティを表面的な組織としてとらえてはいけない。その
支配体系の姿は、はっきりいって内部にいる者にしか断言できな
いが、ある種の「上層部ネットワーク」としてとらえるべき存在
であり、上層部を占める「血族」の人々の総称といえる。また、
その下には多くの組織があり、世界中にネットワークをつくって
支配システムの維持にいそしんでいる。     ──内海聡著
 『99%の人が知らない/この世界の秘密』/イーストプレス
─────────────────────────────
 ここに「イルミナティ」という言葉が出てきます。これは何で
しょうか。
 イルミナティについてはEJでは何回も取り上げています。前
回テーマ「航空機事故の謎を探る」でも取り上げています。20
15年12月14日付、EJ第4178号です。この言葉は、普
通は公式の場などでは口にしないものです。なぜなら、うっかり
話すと、陰謀論に毒された人とみなされ、信用を失墜してしまう
恐れがあるからです。         http://bit.ly/1Rj8Epx
 イルミナティには諸説がありますが、ここでは、フリーメーソ
ンの上位階級であり、実質的に世界を牛耳っている組織と考えて
よいと思います。
 難しい話になりますが、内海聡氏によると、宗教的には古代宗
教思想で、「物質と霊との二元論」をベースとしたグノーシス主
義の影響が濃く、テンプル騎士団、シオン修道会、アサシン、フ
リーメーソンなどの結社との関係が深いといわれています。
 もうひとつ覚えるべきことがあります。それは「シオニズム」
という言葉です。シオニズムは「シオンの地に帰る」という意味
であり、シオン(英語でザイオン)とはエルサレム市街の丘の名
前です。要するに、イスラエル(パレスチナ)の地に故郷を再建
しようとするユダヤ人の運動のことです。
 イルミナティの血族には、「13種族」があるということが通
説になっています。
─────────────────────────────
  1.ロスチャイルド家     8.  フリーマン家
  2.ロックフェラー家     9.   オナシス家
  3.   ケネディ家    10.   ラッセル家
  4.   アスター家    11.ファン・ダイン家
  5.   デュポン家    12.   ダビデ血流
  6.   バンディ家    13.      李家
  7.   コリンズ家 
            ──フリッツ・スプリングマイヤー著
             「イルミナティ/悪魔の13血流」
                     ベストセラーズ刊
─────────────────────────────
 内海聡氏の本を参照して、13種族のいくつかについて簡単に
以下に解説します。
 3のケネディ家は、あのJFKですが、イルミナティの一族と
いわれています。4のアスター家はドイツの一族であり、フェビ
アン協会(英国の社会主義運動組織)や共産主義者、ヒットラー
への支援をしてきたことで知られています。
 5のデュポン家は、フランス革命で台頭し、火薬産業で成功を
収め、巨大化学企業に成長しています。秘密結社のスカル&ボー
ンズ、薔薇十字団などの幹部を担っているとされています。
 7のコリンズ家は、黒魔術においては、13種族中最高位とさ
れています。8のフリーマン家は、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィ
ンチ・コード」で有名なシオン修道会やスカル&ボーンズの中心
メンバーになっています。
 9のオナシス家は、海運王として有名なアリストテレス・オナ
シスはこの一族です。オナシスは、JFKの妻のジャクリーン・
ケネディーと再婚しており、JFK暗殺にも関与しているのでは
ないか疑われています。
 10のラッセル家は、宗教団体「エホバの証人」との関係で有
名です。エホバの証人は、19世紀の半ばごろ、米国で始まった
宗教グループです。現在は「ものみの塔聖書冊子協会」という名
前になっています。
 11のファン・ダイン家は、オランダからニューヨークに移り
住んだ一族であるといわれています。それ以外のことの詳細はわ
かっていないのです。12のダビデ血流は、イエスの血をひくと
称する聖なるダビデの血を引く一族のことです。13の李家は中
国系であり、異色の存在です。李家からは、李嘉誠、李鵬、李先
念、李登輝などの権力者を輩出しています。この李一族は「三交
会」という秘密結社を従えており、孫文や毛沢東とも深い関係を
持ったといわれています。
 これら13種族の下には「13人評議会」があり、その下部組
織として「33人評議会」、さらにその下部組織として「300
人委員会」というのがあるとされています。
          ────[現代は陰謀論の時代/081]

≪画像および関連情報≫
 ●フリーメーソンとイルミナティの関係
  ───────────────────────────
   「イルミナティ悪魔の13血流」(フリッツ・スプリング
  マイヤー著/太田龍監訳─KKベストセラーズ)の前書きで
  故太田龍さんは、フリッツ・スプリングマイヤーについて次
  のように紹介している。
   「イルミナティについて『フリッツ・スプリングマイヤー
  は十年以上をかけて命がけで、これらの情報を、数千冊の書
  物を熟読、数万点の新聞・雑誌・未発表の手書き原稿・書類
  を渉猟玩味して集めた。またデスクワークのみならず、私家
  版の不定期刊ニュースレター「イエスキリストの僕などを通
  して、通告してきた元イルミナティのインサイダーたちから
  の綿密な直接聞き取り調査取材からである。
   とりわけ、口にするのも憚られるようなあまりにも恐ろし
  い悪魔崇拝の事実を漏らしてくれたトム・コリンズやジョン
  ・トッド、デイビッド・ヒルという証人の情報が役に立った
  とスプリングマイヤーは述べている。
   しかし、彼らはイルミナティの配下のごろつきどもの手で
  濡れ衣を着せられたり、汚辱にまみれ、あるいは消されてし
  まったという・・・後略』そして、このスプリングマイヤー
  本人もこの後投獄されることとなる。つまり、このスプリン
  グマイヤーという人は、誰よりも深くイルミナティの秘密を
  暴いた人と解して間違いない。   http://bit.ly/1NROX2A
  ───────────────────────────

フリッツ・スプリングマイヤーの本.jpg
フリッツ・スプリングマイヤーの本
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする