2015年11月11日

●「007便の乗客乗員は生きている」(EJ第4156号)

 武本昌三という人がいます。室蘭工業大学助教授、小樽商科大
学教授、文部省在外研究員、フルブライト上級研究員、オレゴン
大学、アリゾナ大学、ノース・カロライナ大学、ロンドン大学各
客員教授を経て跡見学園女子大学短期大学部教授になり、現在、
同大学名誉教授という経歴の学者です。
 武本昌三氏は、不幸にも1983年9月1日に起こった大韓航
空機007便事故で妻子を失っているのです。武本氏はKAL0
07便事故に疑惑を抱き、米国に長期滞在しながら、この事件を
詳しく調査し、次の本を上梓したのです。
─────────────────────────────
                  武本昌三著/潮出版社
  『疑惑の航跡/大韓機撃墜事件 安らかに眠れ妻と子よ』
─────────────────────────────
 現在、この本は入手不能になっています。武本昌三氏は、この
本で、高橋五郎氏の本によると、大韓航空機007便事件につい
て次の3つの指摘をしているといいます。
─────────────────────────────
 1.大韓機ソ連領空侵犯は単なる人為ミスとは考えられない
 2.米国政府は同機の航路逸脱を知りながら警告していない
 3.日米両国とも、持てる情報の一部を作為的に隠している
                      ──高橋五郎著
          『早すぎた死亡宣告』/ジーオー企画出版
─────────────────────────────
 一番不可解なのは米国です。米国といっても当時のレーガン政
府という意味ではないのですが、一応この段階では米国というこ
とにしておきます。ちなみに米国は、マレーシア航空事故──M
H370便とMH17便事件でも、疑惑の対象になっています。
 もう一人ご紹介すべき人物がいます。その名前は、アブラハム
・シフリン氏です。シフリン氏はスターリン暗殺未遂事件に関連
したソ連のユダヤ人狩りで逮捕され、イスラエルのスパイという
罪状で死刑を宣告されています。しかし、土壇場で死刑を免れ、
減刑され、釈放されたのです。
 シフリン氏は、この長年にわたる収容所生活において、さまざ
まな重要な情報を掴んでいます。そのなかに大韓航空撃墜事件の
情報もあり、その内容は驚くべきものであったのです。その情報
とは、次の通りです。
─────────────────────────────
    大韓航空機007便の乗客乗員は生存している
─────────────────────────────
 釈放後、シフリン氏はイスラエルに移住し、「強制労働収容所
・精神矯正収容所リサーチ・センター」を設立します。そして、
そこでKAL007便の生存者の調査をはじめ、1993年まで
の追跡活動をまとめたレポートを発表したのです。これは「シフ
リン・レポート」と呼ばれています。
 当然のことですが、このシフリン・レポートは関係各国に大衝
撃を与えたのです。なお、このレポートは、米国におけるキリス
ト教団体の機関紙「ミッドナイト・メッセンジャー」(1994
年1・2月合併号)にも掲載されています。
 しかし、ソ連政府もワシントン政府もこれに対して完全無視の
姿勢を貫いたのです。これに立腹したシフリン氏は、1991年
7月11日にシフリン・レポートに関して記者会見を開こうとし
ます。しかし、当日一人の記者も、記者会見の会場に姿をあらわ
さなかったというのです。何者かが直前に「記者会見は中止」と
いうウソの情報をマスコミ機関に触れ回ったからです。
 そこでシフリン氏は、マスコミ各社の記者に会って資料を渡し
直接アプローチしたのですが、どこの社も取り上げようとはしな
かったのです。何か大きな圧力がかかって、シフリン・レポート
を潰しにかかったのです。
 ところが、1992年10月26日に乗客乗員生存情報は大き
く動いたのです。韓国の国会で、国民党(当時)の孫世一国会議
員が、「CIA秘密報告書」なる資料を掲げ、「大韓航空007
便の乗客乗員はソ連の強制収容所」で生きている」という爆弾発
言を行ったのです。
 この孫世一国会議員の爆弾発言を契機として、日本のマスコミ
も初めてこのニュースを大きく取り上げ、次のように大きく報道
したのです。
─────────────────────────────
 ●KAL機撃墜生存者がいた!?
  83年9月に起きた大韓航空(KAL)機撃墜事件をめぐり
 韓国の国会本会議で26日、野党議員が「米中央情報局(CI
 A)の極秘文書によると、KAL機は海上に不時着し、生存者
 もいた可能性がある」と“爆弾質問”する一幕があった。
  同事件では乗員・乗客269人全員が死亡したとされ、エリ
 ツィン・ロシア大統領も今月中旬、韓国などに関連資料を伝達
 した際、生存者はいなかったと説明したばかりとあって、韓国
 政府関係者は9年ぶりの生存者説に首をひねっている。
          ―――1992.10.27付、読売新聞
 ●大韓機事件でCIA報告書/生存者の可能性指摘
  1983年9月にサハリン上空で起きた大韓航空機事件で、
 米中央情報局(CIA)が最新、極秘報告書を作成し、同機が
 サハリン沖に不時着し、生存者がいる可能性があると指摘して
 いることが26日、明らかになった。同報告書は、生存者がい
 る場合、送還を求める『外交的な努力が必要だ』としており、
 日韓米の遺族らから抗議の声が上がることも予想される。韓国
 民主党の孫世一・韓国国際委員長が同日、韓国国会の対政府質
 問でこの報告書の内容を明かし、日韓米、ロシアの4ヶ国で共
 同調査団を作り、再調査するよう要求した。
          ―――1992.10.27付、朝日新聞
─────────────────────────────
           ──[航空機事故の謎を探る/031]

≪画像および関連情報≫
 ●KAL007便撃墜を指揮した元ソビエト空軍司令官が死亡
  ───────────────────────────
   1983年9月1日にニューヨーク発アンカレジ経由ソウ
  ル行きの大韓航空、KE007便の747−200、機体記
  号(レジ)「HL7442」を撃墜し、乗客乗員269人を死
  亡させた事件を指揮したソビエト空軍の元司令官アナトリー
  ・コルヌコフ氏が、2014年7月1日に72歳で死亡しま
  した。ニューヨーク・タイムズが報じています。
   大韓航空機撃墜事件は、大韓航空機がソビエトのカムチャ
  ツカ半島を横切るなど領空侵犯し、ソビエト空軍のスホーイ
  Su−15がミサイルで撃墜した事件です。冷戦期で敵対陣
  営の機体とはいえ、大勢の民間人が乗った旅客機を撃墜し死
  亡させた事件とあって世界に衝撃を与えました。
   ソビエト空軍は大韓航空機をアメリカのスパイ機と判断し
  当時サハリン地区の防空を指揮していたコルヌコフ氏がSu
  −15のパイロットに撃墜を指示しました。その後、コルヌ
  コフ氏は、1998年にエリツィン大統領からロシア空軍司
  令官に任命され再び注目を集めました。
   1998年に行われたロシアのテレビのインタビューで、
  事件の感想を求められた際にコヌルコフ氏は「嫌な思い出で
  傷跡を残し、白髪を増やした」そして「私は常に正しい命令
  を下したと確信している。時として戦略的な作戦では軍隊を
  守るため大勢を犠牲にしなければならない」と話しました。
                   http://bit.ly/1SBifG6
  ───────────────────────────

武本昌三氏の本.jpg
武本 昌三氏の本
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空機事故の謎を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする