2015年11月09日

●「旅客機と認識していなかったソ連」(EJ第4154号)

 ソ連の戦闘機805号がKAL007便に後ろからミサイルを
2発発射したのは1983年9月1日、午前3時26分01秒の
ことです。以下は、11月6日付、EJ第4153号に掲載した
コックピット内の会話の分析です。
 ミサイル被弾直後の5秒間は、KAL007便の3人の乗員は
何も気づいていないようです。06秒になって、一人の乗員が何
かを感じて「なにが起きたんだ?」と疑問の声を上げています。
このときの飛行機の高度は3万5000フィートです。
 その後、機長は10秒に「減速スロットル」、14秒に「着陸
ギア」と叫んでいます。それは機長が原因はわからないが、与圧
の減少を感じたからでしょう。実際にミサイルの爆発で機体に穴
があき、機内から空気が抜けていったのです。
 機長は、乗客乗員の低酸素症を防ぐために、空気の存在する1
万フィートまでの緊急降下を決断したのです。「着陸ギア」とい
うのは、離着陸用のギア(脚)を出して空気抵抗を高めて速度を
落とすための措置ですが、同時に機長は自動操縦装置を解除し、
手動に切り換えています。それは、機内に鳴り響いた自動操縦装
置解除の警報音で判断できます。
 しかし、手動にしても機体は操縦不能になっていたようです。
乗員の一人が「パワーコンプレッションか?」と叫んだのは、お
そらく「デ・コンプレッション=減圧」の間違いであると思われ
ます。機長が26分57秒に東京ラジオ(成田)を呼び出したの
は、そういう機内の異常を伝えるためです。
 しかし、言葉ではうまく伝えられなくなっていたのです。その
部分のやり取りは次のようになっています。
─────────────────────────────
 26分57秒:東京ラジオ、大韓航空007便(HF無線)
 27分01秒:酸素マスクをして、ヘッドバンドを調節してく
        ださい
    02秒:大韓航空007便。こちら東京(東京からHF
        無線)
    04秒:了解、大韓航空007便・・・・(解読不能)
        ア〜我々は・・・(・・した事態に遭遇)
    08秒:酸素マスクをして、ヘッドバンドを調節してく
        ださい
    09秒:オール・コンプレッション
    10秒:急激な減圧、1万フィートに降下
    15秒:アテンション、緊急降下(客室)
    20秒:いま・・・(解読不能)・・・・我々はこれを
        セットして・・・
    21秒:大韓航空007便、聞きとれない。聞きとれな
        い。無線を10048に(東京からHF無線)
       ──小山厳著/『ボイスレコーダー撃墜の証言/
      大韓航空機事件15年目の真実』/講談社+α文庫
─────────────────────────────
 明らかにコックピット内はパニックになっており、乗員は平常
心を失っているように見えます。「デ・コンプレッション」のこ
とを「パワーコンプレッション」とか「オール・コンプレッショ
ン」といっており、慌てているようです。
 また、東京ラシオ(成田)を呼び出したとき、千機長は「メー
デー、メーデー」か、「パン、パン」という遭難信号を発出する
べきだったのです。杉江弘氏の本によると、「メーデー」とはフ
ランス語で「助けて」という意味であり、「パン、パン」は準緊
急事態を知らせる用語であるそうです。
 KAL007便がパニックになっているときに、サハリン上空
では、次のやりとりが行われていたのです。
─────────────────────────────
 デプタット:805号機、ミサイルは一発発射したのか
 805号機:2発発射した
 デプタット:よくやった     ──小山厳著の前掲書より
─────────────────────────────
 ここで「デプタット」とは、ソ連サハリンのソコル航空基地の
迎撃管制官、コズロフ中尉の暗号名です。このとき同じソコル基
地内の別棟で迎撃の総指揮をとっていたのはコルヌコフ大佐(ソ
コル基地飛行師団令)です。この2人の当日の午前3時1分過ぎ
に次の気になる会話があります。
─────────────────────────────
  コズロフ:現在、彼(805号機)は右90度の方向に目標
       を捉えている。識別のため、後方から誘導してい
       るところである
 コルヌコフ:目標はなにも識別の表示を出していないのか
  コズロフ:識別するため彼(805号機)を誘導している
 コルヌコフ:後方から目標に接近させるな。接近角度を保て
  コズロフ:了解、実施する
 コルヌコフ:忘れるな。目標の後部には機関砲があることを
                 ──小山厳著の前掲書より
─────────────────────────────
 この会話でわかることは、サハリン基地の指揮官は、KAL0
07便を米空軍の偵察機RC─135と誤認していることです。
それはコルヌコフ大佐の「目標の後部には機関砲がある」という
言葉から読み取れます。少なくともそれが旅客機であるとは露ほ
どもこう疑っていないようです。
 ボイスレコーダーには、KAL007便の乗員の会話が録音に
残されていますが、それを聞く限りでは、彼らの会話はのんびり
したものであり、ソ連の領空を侵犯して何時間も飛んでいるとい
う緊張感はどこからも感じられないのです。
 領空侵犯をしている当のKAL007便は侵犯を認識しておら
ず、ソ連側のソコル基地の迎撃管制官は領空侵犯機への通常の対
応をしているという構図です。それでは、この計画を仕組んだの
は誰なのでしょうか。 ──[航空機事故の謎を探る/029]

≪画像および関連情報≫
 ●旅客機撃墜は、ロシア崩壊のシグナルか
  ───────────────────────────
   ロシア政府の無能ぶりが人命にかかわるようになった今、
  ロシア国内は恐怖におののき始めた。ウクライナ上空でのマ
  レーシア航空17便撃墜の知らせがロシアに入ると、昔を知
  る人は1983年9月のソ連空軍機による大韓航空機撃墜事
  件とその政治的影響を思い出した。
   当時のソ連政府は、失踪した大韓航空機との関係を否定し
  て世界を欺いた後、同機が米国のスパイだと主張した。だが
  この事件でソ連軍参謀総長であり、生粋の強硬派だったオガ
  ルコフ元帥のキャリアに終止符が打たれた。
   彼の不手際と下手なうそは、1979年から続くソ連のア
  フガニスタン侵攻の混迷と相まって、崩壊しつつある体制の
  実態を露呈させた。ブレジネフ政権で始まった経済停滞は、
  1982年の彼の死後さらに深まる。後継者は諜報機関KG
  B出身のアンドロポフ氏、次いで共産党中央委員会のチェル
  ネンコ氏だが、彼らは権力の座に就いた時点で片足が棺おけ
  に入っていただけでなく、改革の準備がまったくできていな
  かった。アフガニスタンにおける多大な人命の消失(ベトナ
  ムでの米国のそれと同等。ただし期間は大幅に短い)は、ソ
  連政府が自滅の危機にあることを示唆したが、民間機に対す
  る攻撃がその見方を決定づけたように思われた。この気づき
  がゴルバチョフ氏を権力の座に押し上げ、ペレストロイカや
  グラスノスチに対する上層部の支持を後押しした。
                   http://bit.ly/1SyrOpg
  ───────────────────────────

RC─135米偵察機.jpg
RC─135米偵察機
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空機事故の謎を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする