2015年02月09日

●「スイス銀の次に問題は日銀である」(EJ第3970号)

 アベノミクスにより、「円安株高」の傾向が定着しつつあった
1月半ばのことですが、突如「円高株安」という光景があらわれ
たのです。何が原因でそうなったのでしょうか。
 その原因は、スイスの国立銀行の次の宣言があったからです。
1月16日の朝日新聞デジタルは次のように伝えています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 スイス国立銀行(中央銀行)は15日、欧州政府債務(借金)
危機をきっかけに、通貨スイスフランが高くなるのを抑えるため
に導入した対ユーロ相場の上限目標を撤廃すると発表した。これ
を受けて、金融市場ではスイスフランが買われ、ユーロに対し、
一時30%の急騰となった。
 スイス国立銀は、2011年9月、危機でユーロ安が進み「安
全資産」としてのスイスフランが上昇していたため、1ユーロ=
1・2スイスフランを上限に設定。それを超えて値上がりしそう
なときはスイスフラン売り、ユーロ買いの為替介入を無制限に実
施することを決めた。これにより為替相場は、1ユーロ=1・2
スイスフラン前後で推移していた。
       ──2015年1月16日付、朝日新聞デジタル
―――――――――――――――――――――――――――――
 そもそもスイス国立銀行は、どうして1ユーロ=1・2スイス
フランの上限を設けたのでしょうか。それには、スイス国立銀行
がこの決断をした3年前の状況について知る必要があります。
 その原因は、当時のギリシャ危機に端を発した欧州財務危機が
PIIGS諸国(ポルトガル、アイルランド、イタリア、スペイ
ン、ギリシャの各国)全般に広がっており、各国の国債価格が急
落しつつあったことです。このままでは国債の借り換えが困難化
し、放置すると、投資家がそれらの国々から資金を引き揚げ、よ
り安全な避難先を探すことになります。
 その安全な避難先として選ばれたのがスイスフランなのです。
スイスフランは「堅い」イメージがあり、世界の退避資金がスイ
スフランめがけて一斉に流れ込んだのです。当然スイスフランは
強くなり、スイスの輸出業者は苦しむことになります。
 そこでスイス当局としては考えたのです。スイスフランを「ダ
メな通貨」であるユーロと連動させると宣言し、安全な避難先と
しての魅力をわざと奪い去ってしまえば、スイスフランへの怒涛
の投機資金流入が避けられると考えたのです。そしてその結果行
われたのが、無制限為替介入です。
 しかし、この考え方には問題があります。ある国の通貨を他の
国の通貨──ここではユーロに連動させるということは、その金
融政策も同じにしなければならないことを意味します。そうでな
いと、金利差などに代表される、通貨間での魅力の差が生じてし
まい、無制限為替介入の労力がその分、増えてしまうからです。
 それでもスイス国立銀行の無制限為替介入はそれなりの効果を
発揮したのです。それにこの3年ほど、いわゆる欧州危機はドラ
ギ総裁の采配によって少しずつ収まりつつあったのです。しかし
この3年の間に投資家たちは、スイス当局の無制限為替介入の方
針を前提として投資を行うようになっていたのです。
 そして2015年、再びユーロ圏の経済は悪化し、ギリシャも
総選挙の結果、緊縮反対派が勝利し、ギリシャのユーロ圏離脱の
危機も懸念されている状態です。このままでは、デフレの懸念も
あるので、ECBのドラギ総裁は、1月の政策決定会合で量的金
融緩和を決断する可能性が確実視されていたのです。
 これによって、スイス当局は完全に追い込まれたのです。そう
でなくても現在スイス国内では不動産バブルの兆候が生じており
これ以上ユーロ圏が緩和すると、スイス国立銀行は、それに調子
を合わせてさらに緩い金利政策は取れないからです。
 そこでスイス当局が決断したのが無制限為替介入の突然の終了
です。この発表に大混乱になった投資家たちは、株などのリスク
資産を売る一方で、安全資産である円や日本国債への資産逃避に
なだれを打ったのです。メディアはこれを「有事の円買い」と呼
んでいます。
 これによって、投資家の間では中央銀行をどこまで信用してい
いものか疑念が広がりつつあるといわれます。そして、スイスに
続いて、日本も中央銀行である日銀が、先進国の中央銀行として
は、極端な金融政策を取っており、何かが起きたとき、次に危な
いのは日本だと思われているのです。
 クレディ・スイス証券チーフエコノミストの白川浩道氏も次の
ように述べています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 日本銀行が異次元緩和を始めてまもなく3年目に突入しますが
大量に国債を買い続けるこの政策は限界が近づいてきました。ス
イスの例を見てもわかるように、無理のある異常な政策はどこか
でやめなければいけない時が来るのです。
 そして中央銀行が降りる決断をした際には、副作用は避けられ
ない。このほどスイス中銀がギブアップすると、スイスフランは
対ユーロで一気に3割ほど急騰しました。日本に置き換えれば、
1ドル=120円から85円になったわけで、日本でも同様の事
態になれば、これほどの急激な円高シフトが起きかねないといえ
ます。                http://bit.ly/1xF9Apw
―――――――――――――――――――――――――――――
 現在、円安に振れているのは米国の利上げの観測があるからで
す。この6月にもイエレンFRB議長の判断で利上げが行われる
という観測が行われています。しかし、米国での賃金の上昇は遅
れているのです。このままであると、米国の利上げは6月よりも
もっと後にズレ込む可能性もあるのです。
 世界のメディアでは、イエレン議長は簡単には利上げに踏み切
れないと予測しています。それは、急激に進行している原油安が
あるからです。もし、「1バレル=35ドル」前後まで下がると
円安のシナリオは崩れる可能性が濃厚であり、事態を注視する必
要があります。     ─── [検証!アベノミクス/52]

≪画像および関連情報≫
 ●「スイスショックはなぜ起きたか」/窪田真之の時事深層」
  ―――――――――――――――――――――――――――
  スイス国立銀行(中央銀行)が1月16日、2011年以来続
  けてきた無制限の為替介入を突然やめると発表し、スイスフ
  ランが1日で一時30%もの急騰(対ユーロ)を演じたことが
  世界中に波紋を広げている。「中央銀行は嘘をついていいの
  か?」。スイスフラン急騰で大きな損失をこうむった投資家
  からは恨み節が聞こえる。スイス中央銀行が1ユーロ=1・
  2スイスフランを上限として無制限のスイスフラン売り介入
  をすると宣言していたことを信じて、スイスフランを売り建
  てていた投資家は、一瞬にして大きな損失をこうむることと
  になった。中央銀行の介入は、為替市場に大きな影響を及ぼ
  すが、それにも限度はある。スイスは、国土面積では日本の
  九州とほぼ同じ面積の小さな国だが、経常収支で黒字を稼ぎ
  続ける「高信用国」である。放っておけばスイスフランは対
  ユーロで上昇を続けることになる。スイスは国内の輸出産業
  の競争力を維持するため、無制限のスイスフラン売り介入を
  宣言してスイスフラン上昇を抑えてきた。ところが、欧州中
  央銀行(ECB)が追加金融緩和に踏み込む公算が高まり、
  ユーロ売り・スイスフラン買いの市場エネルギーが増大して
  きたために、スイス国立銀行は介入でスイスフランの上昇を
  抑えることを断念せざるを得なくなった。かつて日本円は、
  スイスフランと同じ「高信用通貨」とみなされ、絶え間ない
  買い圧力に悩まされていた。為替介入だけでは円高を止めら
  れないという、スイスと同じ経験をしている。
                   http://bit.ly/1zHBcyf
  ―――――――――――――――――――――――――――

スイス国立銀行本店.jpg
スイス国立銀行本店
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アベノミクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする